NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

著者一覧


縣正彦

縣正彦

日本の金融機関で国際プロジェクト金融に携わった後、米国ゼネラルエレクトリック社にてプロジェクト金融グローバルチーム構築に加わる。現在同社社外顧問の傍ら国際教養大学(秋田県)特任教授としてグローバルマネージメントにおけるリーダーシップ、日本のビジネス文化等の講座を持つ。

花見 忠
松尾綜合法律事務所客員弁護士

花見 忠

松尾綜合法律事務所客員弁護士。東京大学法学部法学博士、ケルン大学法学部、コーネル大学法学部、 カリフォルニア大学バークレー校留学。上智大学法学部教授、ルーバン•カソリック大学法学部客員教授、ハーバード大学ロースクール客員教授など歴任。政府関係の役職としては中労委会長、内閣官房参与等

加藤 好郎
学校法人愛知大学
愛知大学文学部教授

加藤 好郎

1949年東京都生まれ 学校法人慶應義塾参事を経て2014年より学校法人愛知大学文学部教授

川崎亜利沙
北欧/フィンランド文化専門家、ムーミン研究家、図書館員

川崎亜利沙

2008年渡雰。フィンランドのLahti市内の現地小学校5校、特別養護学級、幼稚園、成人学校で教師として日本文化の授業を行う。ほか、Heksinki日本語補習校非常勤講師兼任。 のち、冬は現地旅行会社の北極圏オーロラリゾート地Saariselkäにてカスタマーサービス、夏はHelsinki-Sweden・Stockholm間を結ぶ豪華客船シリヤラインで日本人アテンダントとして勤務。 2010年帰国後、駐日フィンランド大使館勤務を経て、現在は千代田区立日比谷図書文化館 図書部門 企画広報サブマネージャーとして、また、日本のムーミンパーク準備委員会にも所属。 大学の卒論テーマは『北欧翻訳文学の比較』と称した妖精と妖怪及びムーミンとゲゲゲの鬼太郎の比較。

木内 孝
株式会社イースクエア
一般財団法人 御成門新報 代表理事 株式会社イースクエア 代表取締役会長

木内 孝

1935年ドイツ・ハンブルグ生まれ、英国ロンドン育ち。森村学園、慶應義塾で学んだ後、三菱電機に入社。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学大学院にて修士。三菱電機アメリカ支社で責任者6年、代表取締役社長兼会長を10年務める。本社取締役、常務を歴任中に次世代に住み良い社会を遺す事に配慮をする企業・団体のネットワーク組織、NPOフューチャー500を米国で設立。2000年に株式会社イースクエアを設立、代表取締役会長。 2014年一般財団法人 御成門新報設立。

目崎 雅昭
日本メガソーラー整備事業(株)
代表取締役 社長 国際文化アナリスト 幸福研究家

目崎 雅昭

慶應義塾高校、慶應義塾大学商学部卒。 在学中、米ペンシルバニア大学へ留学。 ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)社会人類学修士号。 1993年メリルリンチ証券へ入社。デリバティブトレーダーとして金利スワップを担当、メリルリンチ 社内で世界一の収益をあげる。メリルリンチ証券退社後、世界100ヶ国以上へ10年近い歳月をか けた旅に出る。インド、アフリカ、南米を中心とした、まったく違う世界観で生きる人々と身近にふ れ合うことで、パラダイムの変換を目指した。

スティーブ モリヤマ
フェイスブック・ページ
作家(異文化研究者)

スティーブ モリヤマ

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

村田 作彌
慶應義塾高等学校同窓会顧問•事務局長

村田 作彌

1942年生まれ 2012年より一般財団法人慶應義塾高等学校同窓会顧問•事務局長。

永山 新一
株式会社ラヴアンドシェアイメージ
一般財団法人 御成門新報 理事•編集長 株式会社ラヴアンドシェアイメージ 代表取締役

永山 新一

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

豊田 光世
東京工業大学 グローバルリーダー教育院特任准教授(博士)

豊田 光世

東京工業大学グローバルリーダー教育院特任准教授(博士)。