NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=1052

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/wordpress/?p=1047

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

編集長ナガヤマの読書日記「ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ:LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS」1998年公開ガイ・リッチー監督

好きな映画を最低限ウィキだけチェックして記憶だけを頼りに評価する。
読書ではなく視聴だし読点も無いがご容赦。

この映画はとても素敵だ。この映画はロンドンの空気という空気を全て集めてどでかいピストンに入れ上からTNT火薬を爆発させて圧縮してできたものすごい汁だ。凄汁だ。

おぼっちゃま大学生のマリワナ栽培野郎ども・街のチンピラ元締めとそのおっかない子分・子持ちの借金取り・黒人ヤクザ集団・白人強盗団・間抜けなコソ泥2人組・デブのインチキ古物商・主人公の悪ガキ仲間4人組これらが一気に破滅に向かってコミカルに突き進む物語だ。多分クライムムービーっていうのだろうが何というかガイ・リッチーの味付が物凄く効いているの全く新しいジャンルの映画に思える。

Lock,Stock and Two Smoking Barrelsというお題は「一切合切、何でも全て」という意味と小道具=伏線として使われている骨董品のダブルバレルのショットガンが掛け合わせてあると思う。うーん改めて文章にしてみると本当にこの映画は良くできているな。

舞台はコックニー訛りを話す人たちがいるロンドンのド下町。コックニー訛りっていうのは超早口の江戸弁みたいなもんでワタクシも実際ロンドンでコミュニケーションしようとしたが全くわからない。ロンドン訛りでも凄い方だと思います。でもメチャクチャカッコいいんだなこれが。コックニー訛り英会話学校とか絶対面白いと思う。

でそのド下町で何とか糊口を凌いでいる悪ガキ4人組の代表格エディはカードゲームが得意だ。エディは街のチンピラ元締めがやっている違法高額ポーカーで一攫千金を目論む。ただしそのゲームにはまとまった金がないと参加できない。エディは他の3人から金をかき集めチンピラ元締めの待つボクシングジムでのポーカー賭博に出かける。が実はそれもエディに対する騙しで結局大負けして彼ら4人組は超高額の借金を背負ってしまう。。

借金を返済するためにエディ達4人は団結して隣人の白人強盗団が強奪してきた現金とマリワナを強奪する計画を立てそれはまんまと成功するがそれは地獄の入口だった。。

という幕開けで物語は展開していく。

そして一つ一つのカット、演出、セリフにいちいちエッジが効いていて夢中になっていくうちにメインストーリーをロストしてしまうので最低3回は見ないと腹落ちしないという恐ろしい作品になっている。

脚本・演出・編集がどれをとっても凄汁なのでこの映画がイギリスで1998年の興行成績がNo1であったのは当然だ。もしかしてカネというものにとことん左右されまくる登場人物たちにサッチャリズムで生活が破壊されてしまった人々が共感したのかもしれない。

日本でもこういうニュアンスの作品ってあるのかな。

ところで日本の映画・ドラマはカメラワークとか登場人物に内面を色々語らせるところとか歌舞伎の影響を受けすぎているように思うのは気のせいだろうか?


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

永山 新一 (ながやま しんいち)

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「法の支配」の… ― 冤罪事件に見る「裁判官の思考停止」-   前回は、2人の元裁判官によ… MORE
  • ■世界のシネマ散… 【ストーリー】 アラビア人の乳母ジェナヌのもとで、まるで兄弟のように育った青… MORE
  • ■世界のシネマ散… ≪ストーリー≫ 1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領された元シリア領ゴラ… MORE
  • 「捏造朝日」の… つい先日、御成門新報への寄稿予定の「朝日新聞の捏造報道とメディアの炎上」と題す… MORE