NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩《第13回》『シリアの花嫁』 (原題)THE SYRIAN BRIDE

≪ストーリー≫
1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領された元シリア領ゴラン高原の小さな村では、親シリア派でイスラム教の厳格な父親の家庭で育った次女モナがシリア側の親戚筋の人気俳優タレルとの結婚式の準備に追われていた。2000年、結婚式当日は折しもシリアの新大統領就任式の日、イスラエル領となった村でも盛大な祝賀デモで騒然とする中、花嫁の2人の兄も海外からお祝いに駆けつける。弁護士の長兄は生まれた地を離れ父親と絶縁状態ながらロシア人女性と息子を連れ、独身の次男はイタリアで商売に成功しプレイボーイぶりに磨きをかけていた。花嫁は朝からヘアーサロンに行き、そこからビデオカメラが入りと日本と変わらぬ結婚式当日のシーンで始まり、自宅での宴会、家族、知人との別れと続く。シリア側国境で今や遅しと花婿が待ち構えるなか、花嫁は国境を超える手続きを始めるが・・・。

≪ビューポイント≫
中東問題の一面を知るには格好の映画である。監督はイスラエル人、脚本はパレスチナ人、プロデューサーはフランス人とドイツ人で、2004年モントリオール映画祭でグランプリを受賞した。主演の姉アマルを演じるのは、国際的パレスチナ系イスラエル女優のヒアム・アッバス。ゴラン高原には、「叫びの丘」というエリアがあり、今でも地域を引き裂かれて行き来が出来ないシリアの人達が拡声器をもって、鉄条網越しにお互いの無事を確かめあっている。映画は冒頭から浮かぬ顔の花嫁モナと勇気づける姉アマルの姿を描き始めるが、その訳は、テレビや映画でしか見たことがない花婿との結婚の不安のみならず、シリア側に嫁げば二度と両親、姉妹がいる今の地には戻って帰れない事情にあった。前半から結婚式にまつわる中近東特有の儀式も随所にみられる。頑固な父親の横暴さ、村の長老達の偏った宗教的意見、長兄の嫁であるロシア人女性に対する偏見等狭いイスラム社会の悪癖がイスラエル人監督によって描き出されるが、その中にあっていずれも毅然として、古い習慣に囚われずイスラエル領であることを受け入れ、前を向いて進む姉をはじめとする女性達の溌剌さが美しい。
最後の30分ほどは、いかにも中近東らしいメンツを重んじた融通の利かないシーンがいくつもあり、花嫁は無事シリアに嫁げるのかイライラさせられる。花嫁たちはイスラエル領ながらイスラエル国籍取得を拒み無国籍パスポートを持つ人たちなのだが、シリアに出獄する際、出国スタンプをイスラエル側に押されてしまう。それを見たシリア側のイミグレーションはゴラン高原はシリアの領土でありシリア領内の移動なのだから出国スタンプを消せと言い張る、その後スタンプを修正液で消したり、担当のオフィサーが木曜日の午後で帰ってしまったりと、国境をまたいでこの件で走り回る国連監視軍の女性スタッフ(彼女は、フランス人で仕事の最終日なのにこのため飛行機に乗り遅れる)のあきれた姿が面白い。97分と比較的短い映画だが、この地域にまつわる深刻な諸問題をユーモアを交えながら満載しており、構成、脚本の良さは一級品である。「乳と蜜の流れる土地」と称された肥沃な大地と降り注ぐ太陽の光の中で繰り広げられる悲劇が早く終息し、この地の人々が自由に往来できる日が一日でも早く来ることを祈るばかりだが、最後に花嫁が取った行動が救いでもある。(Ryu)

製作国)イスラエル・フランス・ドイツ
(日本公開)2009年2月
(上映時間)1時間37分
(監督)エラン・リクリス
(脚本)スハ・アラフ


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Steve’s Bar】…   (写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者) ―… MORE
  • 「法の支配」の… 「法」の前提としての普遍的価値 安倍内閣が唱える「価値観外交」の前提とされる「普… MORE
  • 新しい普請の文化 21世紀に入り、公共事業のあり方が少しずつ変化している。地域の豊かさの向上につな… MORE
  • 不都合な事実―日… 国民経済計算によると、平成23年度に一般政府はマイナス17.6兆円の債務超過となった… MORE