NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/wordpress/?p=1047

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

編集長ナガヤマの読書日記「ディアハンター:THE DEER HUNTER」1978年公開マイケル・チミーノ監督

好きな映画を最低限ウィキだけチェックして記憶だけを頼りに評価する。
読書ではなく視聴だし読点も無いがご容赦。

この映画の事を初めて聞いたのは高校生の時だった。Y川という同級生が如何に凄い映画かをBRONを呑みながら超立体的に語ってくれたのだった。私は初めてその時映像の力というものをハラの底から理解した。同時にこういう表現力を持つY川という男を畏怖の念で眺めることになった。そして映像を恐ろしいモノとして勝手に感覚的に遠ざけることになった。結果私がこの映画と向き合うのはしばらく経ってからになるのだが30回以上見てしまった。


さてこの映画は移民の物語だ。人類は統計的に2%の人々が常に移動し歴史を作ってきたそうだ。移民=移動する人々と捉えるとディアハンターという映画設定で切り取った人類のドラマと捉える事ができる。旧約聖書の何かをモチーフにしているかもしれない。主人公はロバート・デニーロ=マイケルではなくクリストファー・ウォーケン=ニックだ。移動する人=ロシア移民であるニックがアメリカに同化しようとするアガキをローカル=マイケルが冷静に時にはクレイジーにサポートしながら見守る物語なのだ。舞台はベトナム戦争に突入する直前のピッツバーグ。鉄の街だ。そこでニックとマイケルと仲間達は24時間稼働の工場で働いている。彼らはシフト明けにはどでかいオープンのインパラでバーに乗り付け激しく酒を呑み休日にはハンティングに出かける生活を送っている。少しデフォルメしているだろうが彼らの生き方はどこか虚無的で刹那的である。が生きるっていうのはこういう事なんだよ!という確信で描かれてる。当然めちゃくちゃカッコイイ。


そんな時ベトナム戦争というとても大きな出来事が起こる。彼らは志願して入隊(多分)しベトナムに送られる。トンキン湾事件がでっちあげであった事は知らない。入隊した彼らはそれぞれ違う部隊に配属されベトナムの各地に散るがとある戦闘中に偶然再会してしまう。再会したニックとマイケルとスティーブン(同じ工場仲間:普通の人を象徴している)は北ベトナム軍の捕虜となりジャングル奥地の川の中にある収容所に送られてしまう。だがその収容所とは名ばかりでベトコン達の遊び場になっている。構造は川床に柱を打ち込んだ高床式になっていて上の小屋にはベトコン達が陣取る。捕虜達は小屋の下の空間に後ろ手に縛られブチ込まれる。当然胸から下は水の中だ。逃げられない様に構造を支える柱の周りは厳重に囲いがされている。捕虜達は超不安定な状況の中生活していく。


ベトコン達の遊び場というのは、彼らは暇つぶしに捕虜を2人づつ小屋の上にあげて金を賭けて実弾ロシアンルーレットをやっていたのだ。どちらかが必ず死ぬ。そんな極限環境でニックとマイケルとスティーブンは生き残って脱出するのだがそのシーンは是非映画を見て欲しい。この世界を文章で表現する技術はまだ筆者にはない。


結局3人は自軍陣地に辿り着きマイケルとスティーブンは帰国する。スティーブンは両足を失ってしまった。ニックはベトナムの軍人病院から脱出して行方不明になる。やがて戦争に終わりが見え始める。だがニックは依然として行方不明だ。帰国しているマイケルはニックが生きている手がかりを見出し陥落間際のサイゴンに乗り込む。


ニックは全ての記憶を失くしながらサイゴンにいた。本当に人が死んでしまう地下ロシアンルーレット賭博場で勝ち残りながら彼はスティーブンに金を送っていたのだ。マイケルはそんな彼にサシで勝負を挑む。ニックはマイケルのある言葉で記憶を取り戻しながら死んでいく。マイケルはニックをピッツバーグに連れ帰り仲間と供に葬儀を静かに行う。


映画は終わる。そしてスタンリー・マイヤーズのBGMは最高だ。異邦人は死をもってその地に迎えられその後アメリカはモノを作らなくなった。


それでも今日もまた人は移動し続ける。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

永山 新一 (ながやま しんいち)

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています