NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩《第12回》『セブン・イヤーズ・イン・チベット』原題:SEVEN YEARS IN TIBET

ストーリー
「4ヶ月で戻るから・・」と身重の妻の制止を振り切ってヒマラヤ登山隊に参加したオーストリア人登山家ハインリッヒ・ハラー(ブラッド・ピット)は、登頂に失敗し下山途中、大戦勃発によりイギリス軍の捕虜となりヒマラヤ山麓の収容所へ入れられる。3年後、まだ見ぬ息子や離婚した妻への想いを断ち切れず仲間と脱走、ヒマラヤ山脈奥深く逃亡し異国人排斥の桃源郷チベットに辿り着く。やがてハラーと同僚のペーターは、チベット社会に溶け込み、観音菩薩の化身といわれる少年ダライ・ラマ14世の家庭教師として7年を過ごすことになる。好奇心旺盛な少年ダライ・ラマ14世や聖地チベットでの人々との交流は荒んだハラーの心を癒すが、戦争も終わりチベットに対する中国共産党の軍事侵略が激しくなる中、ハラーは帰国を決意する。1951年、帰国したハラーは再婚した妻のもとに息子を訪ねるが・・・。
ビューポイント
リチャード・ギアー、スティーブン・セガール、キアヌ・リーブス、シャロン・ストーン、ハリウッドスター達はどうしてかくもダライ・ラマ14世を崇拝し熱狂するのか。この映画を見るとその一端が垣間見えるかもしれない。この映画は1939年から51年にかけてのオーストリア登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝に基づくヒマラヤ登山とチベットでのサバイバルストーリーだが、実は才気あふれる聖人ダライ・ラマ14世の少年時代を世界に知らしめた映画だ。
前半はハラーが登山家としては有能だったがその自己顕示欲の強さから仲間になじめず、妻からも離婚を申し出られ悶々とした収容所生活や、脱走後も1人で逃亡を続ける姿を描くが、同時にチベット仏教とプトラ宮殿で大人たちに混じり1人修行に励むラマ少年の姿も描き、映画後半にこの二人が出会うことに期待を抱かせる。実際に後半に入ると、聖地ラサでチベットの人々の親切に触れ、徐々に変わっていくハラ-とラマ少年との心温まる交流が描かれる。
ハラーは鎖国政策で外国を全く知らないラマ少年に世界地図や社会情勢を教えていくなかで、映画館やラジオを作るよう頼まれ、今まで見向きもしなかった他人や社会との共生に目覚め、家族愛を知るようになる。
10歳前後のラマ少年役にはインド亡命政府にいたチベットの素人少年を抜擢したそうだが、素晴らしい演技をしている。ハラーと初めて会ったときにその金髪を珍しそうに触る仕草は「無垢」そのものだがその言動の高貴さに感動してしまう。劇中の英語の会話に多少違和感もあるが、今のラマ14世の達者な英語を聞くと当時から相当喋れたのだろう。
チベット仏教の精神を学ぶエピソードもふんだんに盛り込まれている。例えば映画館建設時、地中からミミズが大量に出てくるが、チベット人労働者は決して粗末にせず一匹一匹大事に持鉢に入れ、寺院の土地に帰し水を与える。この時間のかかる作業にハラーは苦情を言うが、ラマ少年は「あらゆる生物は前世で母親だったかもしれない、その恩に報いる為に大切に扱い決して痛めてはならない」とハラーに教える。
また、その上品な母親役にはダライ・ラマ14世の実妹が出演している。中国では当然のように上映禁止になったこの映画は、チベットでは撮影できずラサに似た高地のアルゼンチンで行われたが、撮影隊は20分ほど実際のラサでも隠密撮影を行って現実味を出している。
ダライ・ラマ14世のインド亡命は1959年、以来亡命政府は非暴力の平和を訴え続け、1989年にはノーベル平和賞を受賞したが、このチベット問題は半世紀以上経った今でも何も変わっていないのは残念だ。(Ryu)
製作国)アメリカ
(日本公開)1997年12月
(上映時間)2時間6分
(監督)ジャン・ジャック・アノー
(原作)ハインリッヒ・ハラー「チベットの7年」


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • ■世界のシネマ散… 【ストーリー】 ガーデニング好きな典型的英国人外交官と共にケニアのナイロビに… MORE
  • 「法の支配」の… 安倍首相による「法の支配」の強調 安倍首相は、5月30日のシンガポールで開かれた… MORE
  • 「リーダーシッ… 「リーダーシップ」という言葉は、わが国ではかつてはあまり使われていなかったよう… MORE
  • 世界を徘徊する… 「歴史認識」見直しの潮流 この数カ月、「歴史認識」という名の妖怪が世界を駆けめ… MORE