NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩《第11回》『大統領の理髪師』原題:孝子洞理髪師 THE PRESIDENT'S BARBER

(ストーリー)
1960年代から70年代後半、軍政厳しい大統領官邸(青瓦台)がある町、孝子洞で親子3人慎ましく床屋を営む主人公ソン・ハンモ(ソン・ガンホ)は、大統領の住むこの町を誇りに思い、時の政府を盲信的に信じる平凡な一市民だったが、あるきっかけから大統領の専属理髪師に抜擢され青瓦台に通うようになる。その後、朴照煕大統領暗殺事件の要因となった青瓦台の権力闘争に巻き込まれ、大事な一人息子が捉われの身となり彼の人生は大きく変わっていく・・。

(ビューポイント)
今では韓流の代表として一定の評価を得ている韓国映画。2000年に「シュリ」から始まり「JSA」「シルミド」と北朝鮮との確執を描き大ヒットした作品も多いが、本作は軍政蔓延る韓国の暗い時代を笑いと涙で描いた珍しい映画だ。

監督は本作が処女作のイム・チャンサン、主演は韓国ナンバーワン俳優のソン・ガンホ、40歳を過ぎたこの名優は、若くてイケメンが多い韓流スターの中にあって大きな顔に短足、小太りの身体で圧倒的な演技と存在感で「シュリ」「JRA」「殺人の追憶」「グエムル~漢江の怪物~」「義兄弟」といずれも韓国映画史に残る名作でシリアスな主役をこなしてきたが、この映画では彼本来のコミカルな演技が光った。妻役は「オアシス」で脳性麻痺の女性を演じてベネチア映画祭新人賞を受賞したムン・ソリ、出番は少ないが要所要所で重要な役柄を演じている。実際の理髪店で1カ月の特訓を受けたというこの夫婦と映画の語り部となる息子の家族三人三様の名演技がこの映画を感動作に導いた。

この映画はフィクションとはいえ李承晩時代の「四捨五入改憲」に因んで息子に恵まれ、北朝鮮スパイを称する「マルクス病」でその息子を捕えられ、朴照煕暗殺事件である「10.26事件」の葬儀が息子の人生に重要な意味をもったり、ベトナム戦争に出兵したアメリカかぶれの理髪店の従業員がアメリカ兵に粗末にされ無口になって帰任したりと、実際にあった韓国の重要史実と映画のフィクションを面白おかしく絡めて韓国近代史の暗部を描いた。

電気拷問にかけられ足が不自由になった10歳の息子をおぶって漢方医を巡る旅に出る主人公の姿は涙を誘うが、ある漢方医から「数年後に亡くなるであろう龍の眼を削り、菊の茶に入れて煎じて飲ませれば足は治る」と言われ父親の決死の行動が始まる。

さりげなく権力批判をコミカルに描くこの映画だがベトナム戦争でのアメリカのみならず、龍に例えた中国と菊に例えた日本を飲み込んで躍進を目指す今の韓国の姿を描いたブラックジョークだと思うのは、筆者のうがち過ぎだろうか。去年NHKBSテレビで初めて放映されたが、大統領が満州で日本軍として参戦し軍歌を歌うシーンは何故かカットされた。

息子の足がどうなるか最後の感動シーンが眼に浮かぶが、温かい庶民の姿をコミカルに描いた秀作であることは間違いなく、恋愛映画が多い韓流にあってこういう作品は大歓迎である。

製作国:韓国
日本公開:2005年2月
上映時間:116分
監督・脚本:イム・チャンサン


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

onarimon_admin ()

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 富山県の鮮新統… 要約 本論は, 著者が富山県高岡市の鮮新統頭川層より発掘したイタヤガイ科二枚貝 Sw… MORE
  • 社会の利益 vs.… 近年、「社会起業家」と呼ばれる人たちが現れた。 NPO(非営利団体)ではなく、… MORE
  • 【Steve’s Bar】…   (写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者) ―… MORE
  • 同性婚の法的地位 オリンピックの裏にあるもの ソチ・オリンピックが始まって、日本は最大数の選手… MORE