NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩《第10回》『ブラッド・ダイヤモンド』(原題)BLOOD DIAMOND

1999年、内戦が絶えない西アフリカのシエラレオーネ共和国、のどかな漁村で暮らすソロモン(ジャイモン・フンスー)は反政府軍(RUF)による村民襲撃により家族と引き離され、ダイヤモンド採取場での強制労働に強いられる。そんな中、彼は大粒のピンクダイヤを発見、おりからの政府軍との戦闘中に密かに地中に隠した後捕まるが、同時に捕まった反政府軍の将校に隠したところを見られており、留置場で埋められたピンクダイヤの噂が広まる。一方ダイヤの密売に手を染める元ローデシア白人傭兵ダニー(レオナルド・ディカプリオ)も密輸の失敗で同じ留置場におり、ダイヤの噂を聞きつけ自身の釈放後ソロモンを釈放し、家族捜しに協力する代わりにダイヤの隠し場所を明かすよう迫る。また酒場であったアメリカ人ジャーナリスト、マディー(ジェニファー・コネリー)に対しても彼女が追っている反政府軍の資金源「紛争ダイヤモンド」の情報をネタに協力を取り付ける。3人は各々の思惑を胸にピンクダイヤ捜索の旅にジャングル深く入り込んでいくが・・・。

≪ビューポイント≫
イギリスのスーパーモデル、ナオミ・キャンベルが先月、シエラレオーネ内戦での戦争犯罪を裁く国際法廷(オランダ・ハーグ)で、1997年隣国リベリアの元大統領からダイヤの原石をもらったことを証言した。このダイヤは映画「ブラッド・ダイヤモンド」で取り上げられた紛争ダイヤモンドそのものであった可能性が高く話題になっている。この映画は当時の混沌とした紛争地域、西アフリカで武器調達資金を得るため、政府軍、反政府軍が入り乱れてダイヤモンドを争奪した歴史を暴き、そのダイヤに群がる欧米ダイヤモンド産業の実態を描いた映画となった。主演のレオナルド・ディカプリオは、ジャングルに寝泊まりし、得意の機関銃を乱射する元傭兵の無頼漢を熱演し「タイタニック」を凌ぐ代表作として2006年度アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。共演のアメリカ人女性ジャーナリスト、マディーを演じるジェニファー・コネリーもアカデミー作品「ビューティフル・マインド」で助演女優賞に輝いた眼力のあるハリウッド女優だ。またこの映画で重要な役割を演じる愚直な黒人漁民、ソロモン役のジャイモン・フンスーが存在感のある演技を随所に見せる。黒人特有の筋肉質な身体に凛とした表情、父親としての責任と家族愛を余すところなく演じ、同じく助演男優賞にノミネートされた。
もう一つのビューポイントとして、20万人といわれた少年兵の描写にも胸を打たれる。ソロモンの息子も捕らえられ反政府軍の一員として麻薬漬けにされ洗脳される場面がとても痛々しい。立派な兵士となったこの息子は、ダイヤを取り戻しに来た父親に銃を向けるが、最終的には父親の説得に銃をおろす。当時は政府軍も多数の少年兵を養成し、反政府軍との戦闘にかりだしていたそうだ。
ダイヤモンド産業の暗部を描いたこの作品だが、当時の世界ダイヤモンド市場の15%が紛争ダイヤで武器に変わっていたところから、2000年5月南アフリカのキンバリーで産出国の政府、企業関係者が話し合い「キンバリープロセス」という輸出国政府の認証制度が発足し事態は好転しているそうだ。
象牙、ゴム、金、石油、そしてダイヤモンドとアフリカの産出国を苦しめる資源だが、ピンクダイヤモンドを持ってロンドンにやってきたソロモンが、高値の札が付き、きらびやかなショーウィンドーで光る小さなダイヤモンドを見いる姿が印象的だ。「ラストサムライ」を撮ったエドワード・ズウィック監督だけにハリウッドのご都合主義的なところもあるが、全体的には硬派の社会派サスペンスとして十分見ごたえのあるエンターテイメント映画に仕上がっている。
(製作国)アメリカ
(日本公開)2007年4月
(上映時間)2時間23分
(監督)エドワード・ズウィック
(脚本・原案)チャールズ・リーヴィッド


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:佐々木康元氏、(株)スターコネクション(Star Connection Inc.)代表取締… MORE
  • 不都合な事実―日… 国民経済計算によると、平成23年度に一般政府はマイナス17.6兆円の債務超過となった… MORE
  • 世界を徘徊する… 「歴史認識」見直しの潮流 この数カ月、「歴史認識」という名の妖怪が世界を駆けめ… MORE
  • 新しい普請の文化 21世紀に入り、公共事業のあり方が少しずつ変化している。地域の豊かさの向上につな… MORE