NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

【Steve’s Bar】---常連ワイン愛好家によるおススメの1本---<第2回 「シャトー・ポンテ・カネ」>

【店主より】Steve’s Barの常連による「厳選ワイン」のご紹介です。毎回違う選者が、それぞれの想いを胸に1本を選んでいきます。『Steve’s Bar』のインタビュー記事を読みながらもよし、龍さんの『世界のシネマ散歩』でご紹介する映画DVDを観ながらもよし。この機会におススメのワインを片手に、お楽しみください。店主

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

S: 本日はよろしくお願いします。浦田麻緖さんの新しいユニット「涙ぶくろに泣きボクロ」。麻緖さんは「涙ぶくろ」のほうですよね。お二人とも歌唱力を含めた表現力のレベルが高くて「表現者」として尊敬します。特に、麻緖さんはプロの振付師でもあり、歌って踊れるし、まさにアートをするために生まれてきたような方ですよね。そうそう、作詞もされるのでしたね。素晴らしいです。

麻緖:恐れ入ります。お蔭様で、好きなことを長く続けてこれて幸せです。

スクリーンショット 2017-06-25 8.31.47

S: 素敵です。厳しい競争のなか、長年継続することがいかに大変か、『表現者』の端くれのわたしにはよくわかります。さて、舞台を終えられたばかりの麻緖さん。公演まで毎日お稽古三昧だったことでしょうから、今日は美味しいワインで疲れを癒してください。麻緖さんは、お酒も相当お強いですよね。特にワインがお好きとのこと。今日はどんなワインをご紹介いただけるのでしょうか。

スクリーンショット 2017-06-25 8.31.27

麻緖:はい、わたしはそれほどワインは詳しくないのですが、飲むのは好きです。

わたしのおススメは「シャトー・ポンテ・カネ」です。

 

S:おっと、そう来ましたか。なかなかワイン通ですね。

 

編集者I: うん? 「そう来ましたか?」って、どういう意味ですか?

 

S: 君はいいから、いいから(笑)。静かに飲んでなさい。

 

麻緖:お二人仲良いんですね(笑)。 はい、これ大好きなんです。

スクリーンショット 2017-06-25 8.31.05

S:実は僕も好きで、自宅の地下のセラーに1ケースだけキープしてます。ちょうどこの前も、この近くのわりとちゃんとしたお店で、ソムリエに「在庫あと1本」と言われて頼んでみたのですが、美味しかったです。

麻緖さんは、このワインのどんなところに惹かれるのですか?

 

麻緖: うまく表現できないんですが、ボルドーの中でもちょっと異質で、斬新な感じがして、たぶんそこに惹かれるのかな。とてもしっかりしてるでしょ。それに、どこかとっても奥深いところまで引き込まれてしまいそうな、濃厚で美しい紫色も印象的です。口当たりも良いし、飲んだ後の余韻も楽しめるし、良いとこ尽くしですよね。

 

S: うん、おっしゃる意味よくわかります。口にする前に匂いを嗅ぐとブルーベリー、いや、ブラックベリーとカシスを足して2で割ったような野性的な印象を受けるのですが、ひとたび口にすると、果実と酸味が絶妙なタンゴを踊っています。シルキーと言うんでしょうか、まろやかで心地よい口当たりがこのワインの魅力なのでしょう。

 

麻緖:「果実と酸味が絶妙なタンゴを踊っている」ってスティーブさんらしい素敵な表現ですね。

 

S: ありがとうございます。ダンサーでもある麻緖さんへのオマージュを込めたつもりです、はい(笑)。

編集者I: タンゴ? うーむ、わからない。

 

S:  君はいいから、いいから(笑)。静かに飲んでなさい。

ところで、ここの畑のお向かいさんは「シャトー・ムートン・ロートシルト」の畑のようですね。相当良い土壌で育てられた葡萄を使っているんでしょう。

 

麻緖: 甘味が欲しい時と欲しくない時がありますが、どちらの時でもしっくりきて、いろいろなお料理に合いそうです。「ビオディナミ」(バイオダイナミック栽培法:有機栽培の一種)で作ってるみたいです。

Mao7

S: なるほど、通りで果実の香りが新鮮で、程よいタンニンと美しい旋律を奏でているわけですね。

「旋律」といえば、僕は中田裕二さんの歌が好きで、『The Operation』とか『朝焼けの彼方に』あるいは『春雷』なんかをよく聞くのですが、今年の新曲『Deeper』のPVに麻緖さん出てらしたでしょ。とても洗練された、アーティスティックな映像ですね。

→ https://www.youtube.com/watch?v=RHBhJxm1bEQ

 

麻緖: 見つけてくださってありがとうございます!

とっても楽しい撮影でした。出来上がりもお洒落で、わたしも気にいってるんです。

 

編集者I: えっ、この絵みたいの、“うらたま” さんなんですか?

 

S: なんだ、その “うらたま” って。

 

編集者I: 「うらた・まお」を短くすると「うらたま」じゃないですか、ははは。

 

S: はい、はい。君はいいから。静かに飲んでなさい。

さて、酔っ払いは放っておいて、本題に戻りましょう。この2007年のポンテ・カネはなかなか良い味だしてるでしょ。

 

麻緖: 美味しいです。わたしが飲んだことがあるのは、もっと新しいものでした。2007年のものを飲んだのは初めてです。

 

S: これはそこそこ良いワインだけど、この2年後の2009年にはあのロバート・パーカーが満点をつけたそうです。やはり一味違う味を出しているのでしょうね。

おっと、もう時間です。楽しい時間はあっという間に過ぎちゃいますね。

今日はお疲れのところありがとうございました。

 

麻緖: こちらこそありがとうございました。

 

編集者I: えっ、“うらたま”さん、もう終わりですかぁ。。。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【浦田 麻緖】 (うらた まお)

奈良県出身の「表現者」(女優、歌手、振付師)

<映画>  「舞妓Haaan!」舞妓役/「stay」刈川えり役/JUNON恋愛小説「体育館ベイビー」x「同級生」マネージャー役「深海獣雷牙」ヒロイン,江戸ひばり役/「ひゅーどろ」主演,氏神小夜役/「落語物語」前田役

<ドラマ>  NHK連続テレビ小説「瞳」アコ役/MXTV「時空警察ベッカーシグナ」幸役//関西テレビ「無理な恋愛」今日子役/wowwow「結党!老人党!」リナ役/TBS「ぴったんこバスジャック事件」タイムキーパー役/フジテレビ「CONTROL」窪塚倫子役/テレビ朝日「仮面ライダーウィザード」婦人警官役

<CM>  アサヒノンアルコールカクテル/ジョージア「集合写真篇」/oki コアフィード/川崎眼科/ドラゴンクエスト/花王 ハミングファイン/NTTdocomo 得ダネを追え!ずっとドコモ割/花王 リリーフ/アサヒクリスタルクリア/紀文 やばいおせち/キュンミー サイバーエージェント新アプリ/丸美屋かけうま麺用ソース/キリンのどごし生

<PV>  ローラ「Call Me Maybe」/中田裕二pv「Deeper」ヒロイン/長澤奈央「ママセッド」ダンサー/講談社振付DVDbook企画ダンサー

<番組> BS tbs「焼肉女子会&MORE」~メインMC LiLiCo  ~  レギュラー出演/

<執筆>「美容家電」コラムニスト http://biyoukadenlab.com/author/m_urata/

<インスタグラム> https://www.instagram.com/mao.urata/

Maopizza1


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 朝日新聞の捏造… -我が国の言論自由を問い直す-  今から9年も前に朝日を見限る  「生まれ… MORE
  • ミリキタニの猫… NYの路上芸術家ツトム・ミリキタニ80歳を追いかけるドキュメンタリー。 全編ハ… MORE
  • 大学教育におけ… 安倍首相の集団的自衛権発言から首相の人気も少し下がり気味の中、自民党と公明党の… MORE
  • 「法の支配」の… 半世紀余を遡る「法の支配」の幻想 このシリーズでは前回までに、日本国憲法の基… MORE