NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩Vol6『アズールとアスマール』 (原題)AZUR et ASMAR

【ストーリー】

アラビア人の乳母ジェナヌのもとで、まるで兄弟のように育った青い瞳の領主の子アズールと黒い瞳の乳母の子アスマール。大きくなったアズールは離れ離れになった乳母が歌っていた子守唄の国を訪ね、お伽話のジンの妖精を救おうと遠く海を渡る。そこで出会った異文化世界の人々との交流や乳母とアスマールの変わらぬ愛情に助けられながら、ジンの妖精を救う旅で待っていたものは・・。

 

【ビューポイント】

筆者はめったにアニメ映画は見ない。しかしスタジオジブリが絶賛し、高畑勲が巧みな声優を配置し日本語版への監修・翻訳・演出したこのフランスアニメは世界に誇る日本アニメを超えた素晴らしい映像美にあふれ、且、ヨーロッパの人々が持つ移民に対する感情を逆説的にとらえる社会性を持つ大人向けの作品となっている。

この映画のテーマは何か。それは異なった人種や民族、文化圏などの間にある差別や偏見を取り除き、人々が相互理解と融和に向かうためのきっかけを、とびきり綺麗にそして楽しく展開している事だろう。その綺麗さは、ワンシーンごとに1枚の絵やポストカードにしたいぐらいの美しさで、思わず息を飲む。背景画は平面2Dで緻密に、キャラクター画は立体3Dでシンプルに描かれ、この2つの融合画面が新しい試みとなって中近東モスクにある華麗なアラベスク装飾を鮮やかに描き出し、イスラム文化への敬意と憧憬を呼び起こす。そしてもう一つの試みとして、映画の中で話されるアラビア語は全く訳すことをせず、言葉の通じない異国での体験を疑似的に観客に味わわせる。

希望を胸に海を渡ったマグレブの地でアズールを待っていたのは、貧しい人々と青い眼を不吉とする迷信による迫害だった。失望して眼を閉ざし盲目を装って物乞いをするアズールの前に、大金持ちの女商人となった乳母ジェナヌと息子アスマールが現われ立場が逆転する。脇役として登場する、不満ばかりの物乞いヨーロピアンのクラブーやフランスを追われたユダヤ人の賢者ヤドア、二人の冒険を助ける聡明な少女シャムスサバ姫それぞれがまるで違う人物だが、「二つの国、二つの言語、二つの宗教、二つの文化を知っている」点で共通していて会話が成立しうる仲間となっていく。マグレブからの移民で悩むフランスならではの着眼が光る。

またこの映画はそのストーリーの中に数々の「対比」をしかけ観客に差別を考えさせる。金髪、青い眼のアズールと黒髪、黒い眼のアスマール、父のない子と母のない子、領主の金持ち息子と他国籍の貧しい乳母の子、教育も受けられなかったアスマールは母親とともに屋敷を追い出されヨーロッパに恨みを持ち、乳母の国に憧れて海を渡ったアズールは異国での差別、貧しさ、醜い景色に失望する。

後半はジンの妖精を救うためにアズールとアスマールの先陣争いの冒険旅行だ。二人がほぼ同時にジンの妖精が待つ「光の大広間」に到着した事からどちらが妖精と結婚できるか、登場人物全員が召集され協議が始まるが、最後に監督はもう一つの微笑ましい「対比」を仕掛け観客をうならせる。これは全く日本人では考えつかない解決策となっているので是非DVDでこの映画を堪能いただきたい。

(制作国)フランス

(日本公開)2007年7月

(上映時間)99分

(制作・脚本・監督)ミッシェル・オスロ

(日本語版監修・翻訳・演出)高畑 勲


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「肉まん」と小… 本日(2014,2,23)の日経新聞の“「肉まん」に見る中国政治”と題する5段抜きの解説記… MORE
  • 花見 忠の読書… 筆者の新報への寄稿は、多くが専門領域の法律問題を始め政治,社会問題が中心になりが… MORE
  • 「リーダーシッ… 「リーダーシップ」という言葉は、わが国ではかつてはあまり使われていなかったよう… MORE
  • 「法の支配」の… 半世紀余を遡る「法の支配」の幻想 このシリーズでは前回までに、日本国憲法の基… MORE