NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

【Steve’s Bar連載第9回】【御用商人の末裔が21世紀に目指す姿】

ゲスト:廣瀬慶太郎氏 – 廣瀬商会代表取締役社長

聞き手:スティーブ・モリヤマ

スクリーンショット 2016-05-02 8.32.58

明治時代に三井呉服店(現在の三越)の諸官庁部長として活躍された廣瀬太次郎氏が独立し、陸海軍や官庁向けの「御用商人」として廣瀬商会を立ち上げたのは、今から一世紀以上も遡る1905年のこと。戦前は官公庁が主要得意先でしたが、戦後は民間企業にも果敢に取引基盤を拡げていきました。消防・警察・防衛・鉄道・航空等の現場で用いる各種の繊維製品や特殊用途のユニフォームの縫製生産、販売/レンタル、クリーニング、メンテナンスに加え、ホテルや病院等向けのリネンサプライ・サービスなど、一気通貫で最適化を目指すニッチ・ビジネスモデルを確立し、着実に業績を伸ばしてこられました。近年では、医療関連や災害対策用備蓄用品など、様々な分野でビジネス展開されています。

廣瀬氏: ありがとうございます。ご指摘の通り1905年設立ですので今年で116年目です。諸般の事情で100周年を迎えた時に社史を作らなかったので、ちょうど今、出版社に頼んで社史を作っている最中なのです。

―― 一世紀の重みある、立派なものができそうですね。そう言えば、わたしの東京の定宿でも貴社のシーツ、タオルなどのリネン製品を利用しているようです。

廣瀬氏:お蔭様でリネンサプライ向けのリネン製品は私どもの主力ビジネスの一つです。大都市にある高級ホテルやレジャー施設の多くで、私どものシーツやタオルなどのリネンを使っていただいております。またグループのリネンサプライ会社と連携して、クリーニングしたリネン類を一元管理して定期的にお届けするビジネスも展開しています。

―― おっと、ここにあるのはセブン-イレブンの従業員ユニフォームですね。これも貴社が作ってらっしゃるんですか。知りませんでした。

廣瀬氏:ええ、お蔭様で、先様の全国1万8千店以上に年間27万着を納入させていただいております。やはり伸びている会社と一緒に仕事をすると、我々もレベルアップできますし、有形無形のメリットがございます。

―― お客様に鍛えてもらえるわけですね。

廣瀬氏: ええ、刺激的で貴重な経験です。また、セブン‐イレブンの場合は、自前でデザインしたユニフォームでしたが、例えば、東京ドームの清掃員用ユニフォームなどは、我々が外部のユニフォーム専門のデザイナーと組んでデザイン・コンペに参加して受注したものです。

―― なるほど、商品製造からではなく、企画から一気通貫でやる場合もあるのですね。ところで、縫製部門は別会社になっているようですが、そちらの工場で商品を作っているのでしょうか。

廣瀬氏: 秋田県に廣瀬産業という縫製の会社があり、親族が経営しています。縫製工場といっても、セブン‐イレブンのユニフォーム等のアパレル製品は、主にベトナムの協力工場で作らせています。一方、秋田工場のほうでは、主として防衛省関連や東京消防庁等に向けた特殊製品を作っております(注:一部、一般向けアパレル関連でアウター等も製造)。

―― 例えばどのような製品なのでしょうか。

廣瀬氏: そうですね、一般読者の方がイメージしやすいように申し上げると、アウトドアの世界の頂点商品と軍で使われる製品に求められる性能は一緒なのです。世界最高水準の技術を要する匠の世界です。防衛省向け特殊用途のユニフォームもそうですし、陸上自衛隊向けの天幕(テント)や背嚢(リュックサック)、消防関係ですと隊員の防火服等です。

―― これが防火服でしょうか。難しいことはわかりませんが、相当手の込んだ製品であることは想像できます。

廣瀬氏: これは業務用の特殊なゴアテックス生地を使った東京消防庁の救急隊員向けの感染防護衣です。欧米では広く採用されているので、日本でも同様のニーズがあるだろうと考え、10年ほど前から共同開発を始め5年ほど前に採用されました。ゴアテックス製品は、ゴアテックス社のライセンスを受けた認定工場でしか製造できないのです。弊社の工場は彼らの品質管理部門の認定を受けており、長年ゴアテックスを扱ってきております。シーム・テープ(縫い目をカバーする防水テープ)もそうですが、縫い目からも水がしみ出さないようにしつつ、一方で蒸れを逃すような、防水性・耐久性プラスアルファを追及しながら製造しております。

―― なるほど、相当高い技術が必要なのですね。おっしゃるように、かつての日本では救急救命の隊員の人たちが、例えば被災者の血液から感染して肝炎に罹ってしまうような不慮の事故もあったのでしょうね。

廣瀬氏: ええ、救急隊員を血液感染のリスクから守るこのような製品は、スティーブのいる欧州とか米国では当たり前に使われていますが、少し前の日本ではそのあたりのケアはあまりされていませんでした。「職業的リスクは黙って受け入れる」という風潮があったのでしょう。弊社では東京消防庁等に納入していますが、最近そういう観点が日本でも重視されてきているのは喜ばしいことだと思います。

―― 素晴らしいことですよね。貴社は社会変化の一翼を担っておられるのですね。ところで、これもレンタルするわけですよね。

廣瀬氏:ええ、販売のみのケースもありますが、通常は製品の所有権はこちらが持ったままレンタルします。使用したユニフォームやリネン等を定期的に回収し、それをクリーニングし、傷んだ箇所があれば補修(メンテナンス)し、製品の性能を復活させたものを再びユーザーにお届けする、というようにいくつかの製品を順々に交換し回転させていくというのが私達の仕事のやり方です。

―― ということは、やはりなるべく高機能で耐久性の高い製品を作って、しっかりメンテナンス&クリーニングをし、製品を大切に扱って長持ちさせていくことが肝要となるわけですね。

廣瀬氏: そうです。「繊維をいじめない」なんて我々はいいますが、とにかく汚れはしっかり落とし、衛生基準を担保するのに必要十分なクリーニングを心掛けています。もちろん繰り返しのクリーニングに耐えうる製品の品質も大切ですが、使用する洗剤も重要です。弊社も使っておりますが、欧米ですとECOLAB(エコラボ)という会社の洗剤は「再洗率」(汚れが落ちていない場合にもう一度洗わなければならい洗濯物の発生度合い)の最小化を徹底的に考えた製品といえるでしょう。

それから、水やエネルギーは今後ますます貴重な資源となるので、ECOLAB社は洗濯水の再利用、排熱などのエネルギー回収にも配慮した技術開発をしています。また、ドイツでは三ツ星以上のホテルや飲食店と取引開始するにはRALという「消費者・生産者間の取引条件の制度」があり、我々のグループ会社である新日本ウエックス㈱もRAL認証を受けています。外資系ホテル等のお客様を中心に、取引条件の一つにRAL認証取得を挙げられるお客様も増えてきているのです。

―― なるほど、国際的なサービスの品質保証も受けているのですね。ところで、クリーニングというと白洋舎(東証一部上場)が最大手です。貴社のグループ会社である新日本ウェックスもかなり大きいようですが。

廣瀬氏: 実は私どもは白洋舎とも密接な繋がりがあります。私の曾祖父と白洋舎の創業者である五十嵐健治氏は、二人とも起業前は三井呉服店 (現在の三越伊勢丹ホールディングス)に勤めていて、とても親しい関係にありました。年上だった曾祖父が先に独立しましたが、翌年の1906年には五十嵐氏も独立し、我々と同じ日本橋で、日本初のクリーニング事業者として白洋舎を創業されました。

―― なるほど、一世紀を超えるご縁なのですね。それで貴社は白洋舎の大株主で(105万株保有)、且つ、廣瀬さんご自身も含め代々廣瀬家は白洋舎の社外取締役を務められているわけですね。

廣瀬氏:ええ、長年にわたって五十嵐家の方々と私どもは親しくさせていただいております。そう言えば、白洋舎の現社長の五十嵐素一氏も私も慶應出身ですし、お互い家業を継ぐ前には第一勧業銀行(現みずほ銀行)で修業しています。業務上も、私の父の時代の昭和30年代には白洋舎と合弁でいくつかのリネンサプライ会社を作るなど、密接な関係がございます。

一方、昭和45年には、名古屋を本社とするリネンサプライ会社の新日本ウェックス㈱を豊田通商と合弁で作りました。当初はトヨタグループ向けの工業用ウエスのレンタルや工場ユニフォームを取り扱っていたのですが、その後は東京工場を新設し、ホテルリネンやクリーンルーム仕様の食品工場向けユニフォームなど新しい市場セグメントにも進出しております。

―― なるほど、そうしますと、廣瀬商会は白洋舎や新日本ウェックス等に、繊維製品全般(ウエス、ホテルのシーツやタオル、業務用ユニフォーム)、業務用洗濯機などクリーニングに関する機械設備、洗剤などの資材を総合的に企画提案・販売をして、リネンサプライ会社がユーザーに対してレンタル・メンテナンス・クリーニングサービスを提供するわけですね。

廣瀬氏:おっしゃる通りです。高級ホテルなどハイエンド市場でお仕事させていただいておりますので、常に高品質な繊維製品とそのメンテナンス&クリーニングサービスを提供するための自助努力は欠かすことができません。そのためには、国内外の市場変化を敏感に察知し、常に進化していく姿勢が必要です。例えば、数年前にアグリフーズという会社で冷凍食品に農薬が混入される事件が起きましたが、このような異物混入事故を防ぐために、食品工場の製造工程では「徹底した衛生管理と個別管理」がキーワードとなっています。現在、多くの食品工場は高い清浄度を保つクリーンルームとなっています。そこで着用されるユニフォームも高度なレベルの清浄度を持つ、クリーンルーム仕様のものが必要とされています。また従業員それぞれのユニフォームにはICチップが搭載されるようになり、工場内への入退室の管理やルール通りに毎日きちっとユニフォームを交換しているかなどを「個別管理」しています。リネンサプライ会社が使用済みユニフォームを毎日集荷してチェックすることで、清潔さの維持のみならず、起こり得る様々なリスクを一元管理して低減することが可能になっています。

―― なるほど、製造業のリスク管理にも直接・間接的に貢献されているわけですね。グローバル化の観点ではいかがでしょうか。

廣瀬氏:はい、アジアを中心に海外展開を進めております。海外との取引は1970年代に広州交易会などを通じて中国からウエスなどを輸入したのが始まりです。中国からの輸入が拡大するのに伴い、1990年に香港に現地法人を作りました。その後は2002年に上海へ拠点を移し、2011年に現地法人 星広有限公司を開設しました。現在は上海から山東省など中国の主な繊維製品の工場の品質管理、中国の有力なクリーニング会社へ機械設備の販売などをしています。また中国以外では、2014年にベトナムのタオル製造の大手であるフォンフー社と東南部ドンナイ省ザンディエン工業団地に合弁会社を設立しました。リネン・サプライ・サービス (Linen Supply Services)という名前で、まだそれほど大きくはありませんが(敷地面積5560平方メートルのうち工場面積は3168平方メートル)、ホーチミン市にある高級ホテルやサービスアパートにリネンサプライとメンテナンス・クリーニングを提供しています。日本から機械設備を導入し、ベトナムのECOLAB社の洗剤を使用しています。ベトナムの従業員がクリーニングという仕事に慣れるまで少し時間がかかりましたが、ベトナムの人たちは真面目によく働いてくれます。ホテル向けの営業は日本人スタッフとベトナム人で協力して行っています。最近ではホーチミンで、私どものリネン製品は一番品質が良いとの評価をいただいており、ホテルからのお問い合せも増えてきております。今後は病院用リネンや工業用、食品用ユニフォームなど、日本市場での経験を活かして取扱量拡大を目指していきます。

―― やはりベトナムでは元気がよくて、愚直に働く若い人が多いのでしょうね。

廣瀬氏: ええ、日本の技術力はまだ相当高いので、新興国における日本製品への信頼度やレスペクトは厚いものがあります。アジア諸国ではこれから生活水準が上がってゆくと共に、私どもが提供するようなサービスに対するニーズがどんどん増えていくと思われます。「日本から学ぼう」という現地の人たちと共に顧客満足度の最大化を追求していきたいと思っております。

―― さて、これから短期的には2020年のオリンピックに向けてホテル数増加もあり、貴社にとって追い風が予想されます。一方で、中長期的な市場環境を鑑みると、どうしても少子高齢化の影響を受けざるを得ません。このような先行きの読みにくいマーケットの中で、廣瀬社長の今後の展望についてお聞かせいただけますか。

廣瀬氏:私は28歳で廣瀬商会に入社し、34歳で社長に就任しました。入社からの約20年の間に欧米のリネンサプライ会社、繊維、機械、洗剤などの様々なメーカー、ドイツのリネンサプライ専門の研究所などを訪問し、多くの人達と話をしてきました。欧米には100年以上の業務用クリーニングの歴史があり、日本ではその歴史はまだ60年ほどです。日本はリネンやクリーニングの品質で負けてはいませんが、このビジネスの将来像は欧州の動向にそのヒントがあると思います。日本のリネンサプライ工場は、まだ多くの人手が必要な労働集約型ですが、もっと以前から高い労働コストが問題であった欧州のリネンサプライ工場は、大型機械導入による自動化が進み、日本の1/2程度の工員で同規模の工場を稼働させています。日本でも少子高齢化が進む中で、「労働集約」から「装置産業」へリネンサプライ産業も構造変化しなければ生き残れないでしょう。欧州では大型機械の導入を機会に、資本力があるいくつかの企業グループによる国境を越えたM&Aが進み、業界の再編が一気に進みました。日本でも将来、業界内の合従連衡が進んでいくかもしれません。その時には私どもも、いくつかの企業と連携した有力なグループとして、業界再編の一翼を担えるよう実力をつけていたいと考えております。また日々の仕事の中では、様々な分野で働く方々の快適性、安全性、経済性をより高められるような繊維製品を生み出していきたいですね。

―― 今日は長時間にわたり興味深いお話をありがとうございました。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • ■世界のシネマ散… 【ストーリー】 1915年、ハリウッド。映画撮影中の落下事故で下半身不随とな… MORE
  • 歴史認識 東と西 前稿(「世界を徘徊する『歴史認識』と言う名の妖怪」)では、「日本の歴史家を支持す… MORE
  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:神戸雄一郎氏(かんべ土地建物株式会社 代表取締役社長) 聞き手:スティ… MORE
  • 「法の支配」の… ―裁判所は「円形監獄」、裁判官は「司法の囚われ人」- 戦後司法のDNA 前回述べ… MORE