NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

【Steve’s Bar】---常連ワイン愛好家による今月のおススメの1本---<第1回「カレラ・ジェンセン」>

<第1回「カレラ・ジェンセン」>

スクリーンショット 2016-04-20 10.38.23

【お知らせ】今月から、Steve’s Barの常連による「厳選ワイン」を毎回ご紹介していきます。毎回違う人が、それぞれの想いを胸に一本を選んでいきます。『Steve’s Bar』のインタビュー記事を読みながらもよし、『世界のシネマ散歩』でご紹介する映画DVDを観ながらもよし。この機会におススメのワインを片手に、お楽しみください。 店主

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

S: 本日はよろしくお願いします。『ワイン蔵』って面白い名前ですよね。素敵なお店です。

 

ワイン愛好家Y:ありがとうございます。近しい後輩がオーナーをやっているお店で、よくお世話になっているんです。

 

S: そうでしたか。僕はヨーロッパ三昧で、カリフォルニアワインはよく知らないんですが、ざっくりカリフォルニアワインとフランスワインを比較するとすれば、違いはどういうところに顕れているんでしょうか? 少なくとも、気候はだいぶ違うような気がしますが。

 

ワイン愛好家Y: 一言でいえば、カリフォルニアワインは「わかりやすい」のが特徴です。ブドウ品種がストレートに色や味わいに表れるし、果実味が豊富で凝縮感があるため飲みやすく、若いワインでも開けてすぐおいしく飲めます。一方、フランスワインは、熟成すれはするほど複雑味を帯びるため、高級ワインほどその変化をより楽しめるのですが、飲む時期を誤るとガッカリすることもありますよね。

 

― なるほど、カリフォルニアワインは、買ったらすぐに飲める、ということでしょうか。

 

ワイン愛好家Y: ええ、そうなんです。オーナーの中川さんに教えてもらい驚いたのですが、アメリカ型資本主義も影響しているようです。たとえば、現地の銀行はカベㇽネ・ソーヴィニヨンを作る人にしかなかなか融資をしてくれないとか、ヨーロッパとはかなり経営環境も違うようです。キャッシュフロー重視の経営で、その年のワインをその年に売ってキャッシュフローをまわしながら好きなワインを作る、というのがワイナリーの基本としてあるようです。

 

― そうなるとヴィンテージというのは、当てにならないのでしょうか。

 

ワイン愛好家Y: もちろん、カリフォルニアワインであっても、ビィンテージ・ワインはあります。中には相当良いものもありますが、個別論ではなく、総論比較という前提ですと、「作ってすぐに美味しいのがカリフォルニア・ワイン」と言って間違いないとおもいます。もちろん、業者に聞くと、「5-6年は置いておけ」なんていう人も結構いらっしゃいます。この点、こちらのオーナーに伺ったところ、「しつこく聞くと『すぐ飲んでも美味いよ』と言われることが多いんです」とのことでした。彼はそれを理解した上で、今、個人的にカリフォルニアの熟成ワインを研究されています。

 

S: 地球温暖化に伴い、葡萄の糖度が高まる傾向にあり、その結果、アルコール度数も数度あがってしまい、あえて薄める業者もいると聞きます。そうやって薄めると、やはり味の劣化は避けられないのでしょうか。気候と葡萄やワインの品質との連関性についてご意見いただけますか?

 

ワイン愛好家Y: これについてはわたし自身も大変興味があり、中川さんや他のソムリエの方に伺ったことがあります。もちろん、地球温暖化はワイン業界にも影響を与えています。水で薄めるのは、もちろんご法度ですから、表だってそれを認めている業者はわたしの知る限りいません。ただ、実情はどうなんでしょう。多くは、収穫の時期を早めたり遅くしたり調整しているんだと思います。それから、ワインに適した土壌が北上傾向にあり、英国南部で良いワインができるようになってきています。わたしが住んでいた頃は、イギリスワインなど話題にも上りませんでしたが、そのうちイギリスでも良いワインが造られるようになると面白いですよね。

 

S: 「イギリス・ワイン」の時代が間近に迫っているとは夢にも思っていませんでした。さて、前置きはこの辺にして、Yさん、今月のおススメワインをご紹介いただけますか?

 

ワイン愛好家Y: 承知いたしました。それでは、赤が好きなスティーブのために、今日は『カレラ・ジェンセン』にしましょうか。このワイン、日本に入ってくるとすぐに売り切れてしまうんですが、今日は貴重な1本を中川さんが出してくれました。

スクリーンショット 2016-04-20 10.38.32

☆Special thanks to Mr Masamitsu Nakagawa, the owner of ワイン蔵@新橋

ジェンセン氏は、あの『ロマネ・コンティ』でワイン醸造を学んだ人で、フランスを去るときに苗木を隠し持ち帰ったと言われています。ロマネ・コンティの土壌に近い場所をカリフォルニアで探すのは容易ではなく、しかも法律の壁など、様々な制約条件があったようですが、それらを一つ一つ乗り越えていかれて、このピノ・ノワールの名品を誕生させたそうです。カレラの畑には、「ジェンセン」以外にも、「ミルズ」「リード」「セレック」といった畑がありますが、それぞれが独自性を発揮していて、どれも美味しいんです。

 

S: なるほど、ワクワクしてきますね。しかも、お値段のほうも、『ロマネ・コンティ』とは比較にならないお手頃感があります。

 

ワイン愛好家Y: もちろん、味はまったく同じではありませんし、『ロマネ・コンティ』のほうが繊細で上品な味ですが、これはこれで美味しいでしょ?

 

S: ええ、これは美味い!病みつきになりそうです。Yさんのコトバでこの味を表現するとどうなりますか。

 

ワイン愛好家Y: 若干紫がかっていますが綺麗なルビー色ですね。香りは、熟度の高い苺やその他ベリー系。スパイシーな感じもしますよね。ナツメグの香りと、うーん、ほんのり枯葉の匂いも漂っているかな。あっ、バニラの香りもあって、複雑だけど、とーってもバランスがいいです!そしてなめらかな舌触り。喉越しもまたシルキーで素晴らしい。タンニンや酸、甘みや果実味がすべてバランスよく溶け合っていて、なに一つ突き出ていないですよね。そのうえ気品と気韻のある味で、良いワインに必要なすべての要素が混然一体となったピノ・ノワールです。まさにカリフォルニアワインを代表する1本といえるのではないでしょうか。本当においしい。感動です。

 

S: なるほど、流石です。最後の一杯はgood luckをもたらすといわれていますので、よろしければいかがでしょうか。今日はお時間いただきありがとうございました。

 

ワイン愛好家Y: それではお言葉に甘えて。最後の一口は・・・うそ!マジで感動。これにはびっくりです。最初飲んだ時は、熟度の高いフルーツの香りが強く、ややjammyな感じでしたが、最後のこれは絶妙なスパイシー感でびっくりしました。ふつう、ここまで時間が経つと酸が強すぎと感じることがあるのですが、さらに複雑味が増し、味わい深くなってる!こちらこそ、どうもありがとうございました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ワイン愛好家Y】 謎の佳人ワイン愛好家。20代前半からワインに興味を持つ。ロンドン在住時には、ビンテージワインの世界の右も左もわからないまま、クリスティーズやサザビーズなどのオークションに通う。英国紳士に紛れて、ただ一人の東洋人小娘だったYは徹底的に鍛えられたという。「世界的に有名なワイン評論家であり応札者としてその場に居合わせたマイケルブロードベントと、あるワインを競り合ったのは貴重な思い出」とのこと。これまで英国以外ではスイスでも生活し、水がわりに毎日ワインを飲んで欧州生活を満喫。慶應大学文学部仏文科卒。趣味はテニス。アカデミー・デュ・ヴァン認定のワインアドバイザー。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 新しい普請の文化 21世紀に入り、公共事業のあり方が少しずつ変化している。地域の豊かさの向上につな… MORE
  • 花見 忠の読書… 筆者の新報への寄稿は、多くが専門領域の法律問題を始め政治,社会問題が中心になりが… MORE
  • 【Steve’s Bar】… 【店主より】Steve’s Barの常連による「厳選ワイン」のご紹介です。毎回違う選者が、… MORE
  • 「捏造朝日」の… 朝日新聞贖罪のためのレシピ 朝日新聞に対し捏造報道によってもたらされた、諸外… MORE