NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

■世界のシネマ散歩Vol2『007 ロシアより愛をこめて』(原題From Russia with love)

■世界のシネマ散歩『007 ロシアより愛をこめて』(原題From Russia with love)

今となってはなんとなく懐かしい冷戦時代、複雑なテロとの戦いやイラク戦争の反省映画ばかりで気が重くなる最近の映画界と違って60年代のスパイ・アクション映画は単純明快で楽しかった。

ストーリーは数行で済む。すなわち、在トルコのソ連女性大使館員が最新の暗号解読機を土産に西側に亡命したいと英国諜報部に申し出てきた。その怪しい誘いにのってイスタンブールに乗り込んだジェームス・ボンドに待ち構えていたのは、ボンドに盗ませて暗号機を横取りしようとしていたスペクター一味だった。お決まりのハラハラ、ドキドキの争奪戦をへて最後は無事ハッピーエンドへ・・。

007ボンドシリーズは自身が英国海兵隊の諜報部員だったイアン・フレミング氏のスパイ小説を映画化したもので、1962年に第1作『ドクター・ノオ』から始まり現在は第22作『慰めの報酬』が公開中。全22作のなかでもシリーズ最高傑作、珠玉の名作と言えるのがこの『ロシアより愛をこめて』だろう。ストーリー良し、テンポ良し、ロマンスもユーモアもあり、歴代6人のボンド役の中でもやはり適役のショーン・コネリーと、ヒロインに抜擢されたタチアナ役ダニエラ・ビアンキはミス・ローマにも選ばれたイタリア出身の女優で歴代ボンドガールの中でもナンバーワンの呼び声が高い。その他、オリエント急行内でボンドと死闘を演じたスペクターの屈強な殺し屋グラント(ロバート・ショウ)、舌平目のムニエルにキャンティの赤を頼んでボンドに殺し屋と見破られてしまう。スペクター一味のNO.5チェスの天才の殺され方も可哀相だが、NO.3の老婆はホテルのメイドとなりボンドに靴の先からキリを出してピョンピョンと必死の抵抗をする。この老婆を演じたロッテ・レーニャはアカデミー賞にもノミネートされたオーストリアの名女優だ。ボンドの上司Mの秘書役マネー・ペニー(ロイス・マックスウェル)とボンドとの大人の会話や小道具係Q(デスモンド・リュウェリン)のアタッシュケース、ボンドカーなどの発明品はその後のボンドシリーズでなくてはならない定番となった。しかし、ここにあげた4人はいずれも既に亡くなっておりスクリーンで新たに会う事は残念ながら出来ない。

アジアとヨーロッパの接点イスタンブールから始まる暗号機争奪戦の逃避行は、当時のユーゴスラビア・ザグレブを経てイタリアのトリエステ、水の都ヴェニスにたどり着くまで各地で世界遺産巡りも楽しめる。特にソ連大使館を潜望鏡で覗くイスタンブールの遺跡地下水路、東ローマ帝国からオスマントルコ時代の歴史に翻弄されたアヤソフィアモスクの有名な大きな柱、美しいボスボラス海峡、豪華なオリエント急行、水の都ヴェニス・ため息橋の下でフィルムを捨てるエンディングシーンまでマット・モンローの哀愁をこめた主題歌と共に地味なカメラワークながら各地の名所旧跡を捉え観客の眼を離さない。アクションシーンは今となっては陳腐かもしれないが、狭い列車内での息詰まる格闘やヘリコプターに追いかけられたりボートで逃げたりと、水陸空すべてのアクションがしっかり入っているのには驚かされる。上映時間115分、全く見ていて飽きさせないこの演出はさすが第1作も作ったテレンス・ヤング監督の手腕だ。因みに冷戦時代の悪者扱いにされたソ連はこの007シリーズをしばらく上映禁止にしていたそうだ。最後に悪者集団スペクターはSpecial Executive for Counterintelligence,Terrorism,Revenge,and Extortionの略。なんだか悪者単語を全部集めたようで、ここにも遊び心を感じさせる。

現在上映中の『慰めの報酬』は007称号を受けた若き日のボンドの原作上の第1作である『カジノ・ロワイヤル』から1時間後の状況から始まっており金髪マッチョのダニエル・クレイグが新たなボンド像を描き始めたが、イギリス紳士然として女性にも優しいショーン・コネリーと比較して楽しむのも一向である。

 

(日本公開)1964年4月『007 危機一発』

1972年再上映『007 ロシアより愛をこめて』

(上映時間)115分

(原作)イアン・フレミング

(監督)テレンス・ヤング


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 花見 忠の読書… 筆者の新報への寄稿は、多くが専門領域の法律問題を始め政治,社会問題が中心になりが… MORE
  • 同性婚の法的地位 オリンピックの裏にあるもの ソチ・オリンピックが始まって、日本は最大数の選手… MORE
  • 「フィンランドと… つい先日、フィンランドで同性間の結婚が可能になる法律の投票が2014年11月29日に国… MORE
  • 富山県の鮮新統… 要約 本論は, 著者が富山県高岡市の鮮新統頭川層より発掘したイタヤガイ科二枚貝 Sw… MORE