NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

四車線のハイウェイ

ロンドン行きの最終列車に飛び乗る。車中、へとへと、へろへろの状態で、先ずは赤ワインの小瓶を空ける。英語でいう「ダウン・イン・ワン」(一気飲み)。心地良い酔いが一気に全身にまわっていく。すかさず、やや困惑気味の給仕にウィンクしてもう一本開けてもらう。それをちびちびとやりながら、私淑する作家の小説を読み始める。

 しばらくすると、私は深い眠りに落ち、夢の中でもがき苦しんでいる。句点が全くない文章の大波に呑み込まれていく夢。膨大な数の文が無数の読点で鎖のようにつながれていて、私に向かって押し寄せてくる。遠い昔、合宿所にいくと、毎日のように先輩と称するサディストに吐くまで飲まされたものだ。トイレから戻ると、また飲まされ、不条理の守護神シーシュポスの岩の神話のように、トイレと宴席の往復をひたすら繰り返していた時期があったが、正にそんな感じで、夢の中の私は、文字の濁流に飲みこまれ、蹂躙され、ボロボロになっていく。怒涛のように押し寄せる文字を飲んでは吐き、吐いては飲み、ひたすら嘔吐を繰り返しているうちに、ある種ハイな状態になってくる。そうこうしているうちに、列車はロンドンに到着し、私は静かに目を開ける。

 駅の近くのパブに向かう。かつてラグビー界の頂点を極めた友との再会。私の末弟よりも若いのに、とてつもない存在感がある。ニュージーランドでは誰もが知る国民的スターで、怪物ロムーがいた頃のオールブラックスで主将を務めた。父親もかつて主将を務めた親子鷹。
highway1

 「メディアはそんな風に言うけれど、父親は僕が小さい時に出て行ったっきりでね。母子家庭で育ったから、僕がオールブラックスに入れたことに父は全く関係ないんだ。むしろ、看護婦として夜勤を続けながら僕ら三人兄弟を育ててくれた母に負うところが多い。スキンシップとか一切ない厳格な母だったけど、勤勉さや責任感、いや、気合っていうのかな、そういうのを彼女の背中から学んだと思う。それが、今の僕の背骨になっているんじゃないかな。それから、母方の祖父が僕の父親代わりで、大自然の中でいろいろ男の子の遊び方を教えてくれたことも大きかったと思う」

 25歳でラグビー世界最高峰チームの主将になって、苦労したことは?・・・英国や豪州のチームと違って、僕らのチームは、ニュージーランド人に加えて、サモア人、トンガ人、フィジー人など、良く言えば多様性のある、悪く言えばばらばらのチームだった。例えば、百年前は、サモア人とフィジー人は殺し合いをしていたわけで、同じ南太平洋の国々といっても文化的には異質で、そういうチームをまとめていくのに何が必要かというと、信頼感の醸成に尽きるわけだ。そのためには、トップダウンではなく徹底的な対話に基づくコンセンサス・ビルディングが不可欠で、理想主義に燃える経験不足の男がトップとして多様性に富むチームを引っ張っていくのは容易ではなかったけれど、最高に刺激的な経験だった。試合前にハカの踊りをしていると、チームが一体化していくのが体感できるんだ(注:ちなみに「頑張って、頑張って」ではなく、マオリ語で「カマテ、カマテ」と言っている)。

 リーダーとしてチームを勝利に導くために心がけたことは?・・・オールブラックスレベルになると、皆、頂点を極めた人材が集まってくるので、基本的なことは言う必要がなかったけれど、さっきも言ったような多様性があるから対話は欠かさないようにした。その前もいろいろなチームで主将をやって、そういうチームでは、やはり人材のバラつきがあって、なかなか一筋縄にはいかない。「チームの発展に貢献しない者はただ去るのみ」というオールブラックスみたいなチームでは当たり前の不文律を全員に叩き込んでいくのがチャレンジだった。中には、テクニックは優れているのに協調性が全くなくて、自分大好き人間みたいな奴もいたけれど、そういう場合には、トップダウンではなく、ピアー・プレッシャー(仲間からの圧力)をよく使ったな。車座に座って、皆でその本人に改善点を指摘し続けると、どんなナルシストであっても、流石にうな垂れて、翌日からすっかりチームプレイヤーになったものだ。それから、「生産的偏執狂」(プロダクティブ・パラノイア:頭韻に注目)と表現しているんだけど、普段から様々なリスク要素を考えて、いろいろな問題点を未然に防ぐことを心がけてきた。これは、ビジネス界でもリスク管理の観点から役立つ視点ではないだろうか。

 そんなラグビー界のエリートが、どうして母国を捨てて、英国に来たんだい?・・・ニュージーランドは保守的な国で、僕の将来ははっきりと見えたんだ、ラグビー界という狭い世界にいる限り、監督になるとか安定した将来が見えるんだけど、自分の可能性にもっと賭けてみたかった、自分で自分をチャレンジ(=これでいいのか、と現状に疑問を呈すること)し続けたかったんだ。引退したのは三十代前半で、そのまま敷かれたレールに乗るのは早すぎるだろ。それから、あまり勉強する機会がなかったので、僕を含め多くのニュージーランド人には憧れの、英国最高峰の大学で勉強してみたかったんだ(彼は、オックスフォードとケンブリッジの両方の大学院で学んでいる)。その後、ロンドンでサラリーマンにもなったけど僕には向かなかった。それで、小さな会社を始めた。イートン校など有名私立高校の生徒を数週間ニュージーランドの大自然の中に連れて行って、自分探しをさせるんだ。大人になるための通過儀礼といってもいい。たいてい彼らの父親は上流階級の人間で、ラグビーといえば、英国では彼らのスポーツだから(注:ニュージーランドでは庶民のスポーツ)、元オールブラックス主将というと、誰でも会ってくれる。上流階級の人たちは子育てには直接関与しないことが多いので、いろいろ思春期の子供が問題を抱えている場合も少なくない。だから、そういう少年たちの兄貴や父親代わりとして、彼らと本気で向き合って、彼らの自分探しに手を差し伸べてあげたいと思ってね、いつの間にかそれが仕事になっちゃったんだ。

 最後に、君にとって幸せとは何だい?・・・いろいろな意味で、戦い続けることかな。死ぬまで戦い続けたい。瞬間、瞬間を楽しみながら。
highway2
 彼の笑顔を見ていると、ゆとり教育をはじめ、日本政府がとった教育に関する様々な方針は間違いだったと思わざるを得ない。人はみな違うのに過度に「平等」を強調して、一体何が得られたのだろうか?競争の中で、自分の弱さを知る、なにくそと立ち上がって自分の強みに集中する、ひたすら努力を重ね再び勝負に挑んでいく。それをシーシュポスの神話のように何度も何度も繰り返していくことが、たぶん、神が人間に与えてくれた、幸せへの近道なのではないだろうか。人生は四車線のハイウェイ。ひたすら走り続けているうちに、いつか自分の名前が書かれた出口の標識に出会えるだろう。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:佐々木康元氏、(株)スターコネクション(Star Connection Inc.)代表取締… MORE
  • ■世界のシネマ散… 【ストーリー】 アラビア人の乳母ジェナヌのもとで、まるで兄弟のように育った青… MORE
  • 日々 これ真剣… 11月5日に「万の蔵より 子が宝」「ありがとう」「さようなら」を最期の言葉にし… MORE
  • 「法の支配」の… - 権威に跪く裁判所 - 証拠物の鑑定にまつわる疑惑  前回に紹介した弘前… MORE