NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

【Steve’s Bar】連載第4回 【知るは難く、行うは易し】

スクリーンショット 2015-07-04 11.29.22

 

(写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者)

―― 矍鑠(かくしゃく)たるかな、この翁や。86歳にして、弁舌さわやかで、鋭い眼光を放つ八城政基さん。好奇心が若さを保つ秘訣なのでしょうか、20歳はお若く見えます。品川区大井町で生まれた八城氏は、大井第一小学校、(東京)府立一中、旧制三高、京大法学部を経て、東大大学院で国際関係論を専攻。その間、世界経済調査会でエコノミストとして活躍。東大で博士課程修了後は石油メジャー(現)エクソン・モービルの前身に入社され、エッソ・イースタン副社長やエッソ石油社長など数々の要職を歴任されました。30年以上にわたってエクソンで活躍された後、シティグループ入りし、シティバンク在日代表として日本でリテイル事業の立ち上げ等で成功を収め、その後は新生銀行初代社長として活躍されたのは、多くの読者の記憶に残っていることでしょう。

本日はよろしくお願いいたします。八城先生がこれまでお受けになられた数々のインタビューでは、主にエクソン、シティ、新生銀行等の経営に関するお話が多かったようですが、今日は同種の質問は避け、なるべく違うご質問をさせていただければと思っております。さて、『私の履歴書』を木内さんがわざわざ届けてくださって拝読いたしました。数々のエピソードがどれも興味深く、あっという間に読み終わってしまいました。

八城氏:それはよかったです。あれはね、ほとんど僕が自分で書いたんだよ。そうしたら、当時のシティの会長だったジョン・リードが読みたいって言うんで、最初誰かに英訳してもらったんだけど、ドラフトをレビューしてみたら気に入らなくてね。それで自分で訳すことにしたのです。ところが思ってたより長くて、途中で娘に応援を頼んだのです。彼女はハーバード・ロースクールでてるから英語が達者でね。弁護士はすぐにやめて、結婚しちゃったけど、幸せに暮らしてます。

娘には双子の男の子がいて、つまり僕の孫のことですが、今、ロスアンゼルスの高校に通っています。その一人が陶芸が好きで、家に窯をつくって本格的にやってるんです。ハーバードとオックスフォードの両方に受かって、ハーバードに行くことにしたんですが、ギャップイヤーをとって陶芸やりたいっていうんだよね。それで、高取焼って知ってますか、この前、鷹取山の麓まで連れて行きましたよ。

―― 福岡ですか。それは本格的ですね。お孫さんはイギリスに住んでいらっしゃるのかと思っておりました。

八城氏:双子のほうは、ロンドンで生まれて、日本と香港でそれぞれ数年ずつ暮らして、今はアメリカにいます。もう一人はフラターナル・ツイン(二卵性双生児)だから、顔も性格もまったく違うんです。彼は絵が好きで、ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)とブラウン大学から学士を二つ取得できるコース(デュアル・デグリー・プログラム)に進学することになりました。

―― RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)といえば世界的に有名な芸術大学ですよね。

八城氏: そうね、アメリカで一番良いっていわれています。絵を描く才能なんて、うちの家系にも、娘の旦那の家系にもどこにもいないんですが。爺さんよりよっぽど孫のほうが優秀なんだよ、ははは。

―― まさに It runs in the family.(一族のDNA)ですね。さて、東京生まれの八城先生は、旧制三高、京大と京都でも過ごされていますが、東山ご出身のお母様の影響でしょうか。八城先生にとって京都という街はどんな存在なのでしょうか。


八城氏: 京都に行ったのは、戦争が終わって兄と二人で暮らしていたのですが、京都に親戚がいたのと、もともと子供の頃に2、3度行った京都が好きだったので行ったのです。母の影響でしょう。母の思い出を求めて行ったのかもしれません。京都は今でも機会があれば何度でも行きたいと思っています。歴史があるとか、美しい町というよりも、亡くなった母に会いに行くつもりなのかもしれません。。。

―― そうでしたか、“心の旅”なのですね。。。さて、『私の履歴書』のなかで、八城先生の若かりし頃の師であった木内さんのお父上(信胤氏)のお話がでてきてました。「肉体の消滅によってすべてが無くなるのではなく、その時点から本当の意味での対話が始まるのだ」と生前、信胤氏は常々話されていたそうですね。この点、これまで経験されてきた様々な別れを通して、死についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

八城氏: 最初のショッキングな死は母親でした。中学三年生で亡くしたのですが、50歳ぐらいまでかな、時々、夢にでてきました。最近は見ないけどね。今は、亡くなった妻がでてくるようになりました。ワイフが亡くなって、骨が粉になって、肉体は完全になくなってしまったのですが、残った人間、つまり僕の心の中に確実に生きているんです。しょっちゅう思い出してて、生きてるときより話してるかもしれない。みんな人は必ず死ぬんだから、死んだあとも、やっぱり生きてる人間の中で生き続けるものなのです。

―― 深いですね。哲学といえば、旧制三校で学ばれたデカルトのJe pens donc je suis. 「我思う、ゆえに我在り」に衝撃を受けたそうですね。

八城氏: ははは、人間のこと言ってんだわ。人間だけですよ、物を考えるのは。思考するからこそ、「我在り」なのです。当時フランス語が大好きでね。三校卒業する頃には、フランス語の読み書きと会話は不自由なくできるようになったんですが、ほとんど忘れちゃいました。それで86歳にしてアテネフランセに通いはじめてね。明日また行くんだよ、ははは。

―― うっぷす、それは凄いですね。。。脱帽です。

八城氏:それからね、78歳から中国語を一生懸命やってます。すごく勉強してきました。しょっちゅう電話してるし、日記も書いてます。写真をいれると4000ページぐらい、文字だけだと3000ページぐらいになってるんじゃないかな。

―― それは旧制高校で培った漢文の知識が役立っているのでしょうか。

八城氏: 東京府立一中のときね。漢文は好きだったけど、ほとんど役立ちません。漢字の話ではなくて、言い回しとかが古すぎて。。。現代中国語とは全く違いますからね。

そういえば、僕は2000年代半ばからシンガポールの国富ファンドのテマセックって知ってますか、そこの国際諮問委員(インターナショナル・パネル)を7-8年やってましてね。日本人は槙原稔さんと僕だけでした。僕は自分の役割が終ったと思ってもう辞めてしまいましたが。いつまでもやるのは趣味じゃないのです。当時、諮問委員が持ち回りで議長をやっていたのですが、ある年、僕が議長で、この前亡くなったリー・クワンユー他、シンガポールの政財界の重鎮を百人ほど集めて、パーティーを開きました。話してみたら、彼は32歳で中国語を始めてるのね。で、しばらくしてから、娘にその話をしたら、「パパだめよ、言葉は9歳までに始めないとネイティブ並みにはならない」と。

―― いわゆる「外国語習得の限界年齢」というものですね。

八城氏: そうそう、娘にピシャッといわれちゃったよ。ははは、僕なんか78歳で始めてるからね。確かに語学を始めるのは若ければ若いほどいいんです。でもね、若い人の3-4倍努力するとかなりできるようになります。

―― 中国語に加えて、フランス語も若者の3-4倍努力するのですか。。。

八城氏: 若い頃におぼえたものは、思い出すのはすごく速いんだわ。フランス語は18歳で覚えたから、すぐ戻ってきます。ただ、問題は、中国語とフランス語が混ざっちゃうんだよね(笑)

―― ははは、中仏ちゃんぽんですか。

八城氏:また明日、学校にいくんだけど、日本人にとって中国語ってのは、本当に難しい。語学の才能云々じゃなくて、日本語そのものが、もにょもにょ言っても通じてしまうでしょ。中国語はそれじゃ通じないのです。フランス語も同じ。「日本人は語学下手」とか言う人がいますが、そうではなくて、肉体的に発音できない人が多いということなんじゃないでしょうか。日本語では、口と舌の筋肉を使わないからね。

とにかく、僕にとって一番易しいのは英語で、次はフランス語、そして一番難しいのは中国語です。発音が本当に難しい。喧嘩してるみたいに聞こえるでしょ。あれはね、要するに発音がはっきりしてるからなんです。

―― 八城先生は、もとい、「先生」は中国語では単なる「さん」の意味でしたよね。八城「老師」といわないといけませんね(笑)

八城氏:そうね、でも発音は「ラオシー」ですよ。           (注:流暢な発音で訂正していただく

―― うっぷす、はい(笑)。それにしても八城老師の驚くべきパッションはどこからくるのでしょうか。エナジー・フローといいますか、気が伝わってきます。原動力となっているのは何であると思われますか。

八城氏: 好奇心ですね。いろんなことに興味があて、好奇心がなくならないんだわ。昔からそうだけど、今はもっと時間があるから、どんどん興味が広がっていきます。戦時中も戦後も生きるために必死であまり勉強できなかったからなのかな。。。無意識のうちにそれを取り戻そうとしているのかもしれません。

―― 八城老師からお話を伺っていると、サミュエル・ウルマンの『青春』の一節を思い出します。

Youth is not a time of life; it is a state of mind; it is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees; it is a matter of the will, a quality of the imagination, a vigor of the emotions; it is the freshness of the deep springs of life.

「青春とは、人生におけるある期間を指すのではなく、心の様相をいう。それは頬や唇の赤い色から連想するものでもなければ、引き締まった肉体が暗示するものでもない。強い意志、たくましい想像力、感動できる心、これらが重なり合ったものをいう。青春とは、ふつふつと湧き出てくる生命の息吹、エネルギーを指すのである」(Sモリヤマ試訳)

さて、英語、仏語、中国語とでてきましたが、日本では「グローバル化」という言葉が流行っています。どのように考えればいいのでしょうか。

八城氏:グローバル化のことを中国語で「全球化」というけど、情報化社会では、日本語だけの知識じゃだめですね。複数の言語を知って、情報を多角的に取らないとね。

実は、北京外国語大学で講演を頼まれて、昨日帰ってきたばかりなんです。日本語学科の人たちに話してきたのですが、女性が7-8割でした。最初は中国語で挨拶し、あとは全部日本語で話しましたが、完璧に僕の話を理解してたね。ちょっと日本人とは違う独特の抑揚はあるんだけど、完全にできます。どんなことでも質問できるレベルでした。

―― どんなお話をされたのでしょうか。

八城氏:いろいろ話したけど、「なぜ日本でバブルが生じ、破裂し、その後“失われた20年”といわれる停滞が続いたのか?」という質問がメインでした。とにかく、元気がよくて日本語が達者な学生さんたちがたくさんいらっしゃいました。

―― なるほど。確かに、華人パワーおそるべしですね。さきほど、銀座の歩行者天国を久々に歩いてみたのですが、聞こえてくるのは中国語ばかりで、一瞬アジアの街に足を踏み入れたのかと錯覚を覚えました。これから少子高齢化が進み、移民政策についても国は真剣に取り組まなければならなくなるとおもいますが、「多様性」に関連して、日本のムラ社会におけるヨソ者排除のメカニズム、つまり集団秩序維持装置的な側面にお伺いさせてください。

この点に関連して、シティ時代に都銀ATM網への参加を申し込まれた際、延々と先送りをされ、参入拒否されたそうですね。仕方なく郵貯と24時間ATMに関して提携したそうですが、この現象は「ニッポンムラ社会における異端者の排除」なのでしょうか。それとも、フランスの社会学者のジラールがいうように、日本に限らず、どんな共同体であっても、異端者には生贄の白羽の矢が立つのが、人間の人間たるゆえんなのでしょうか。

実は、『クーリエ・ジャポン』という雑誌で連載しておりまして、「異端者の色は何色」というエッセーを書いたことがございます。わたくし自身、四半世紀も日本を離れ、いわば和僑という共同体からはずれた存在となっており、共同体について考えることが多いのです。集団秩序を維持するための供犠としての異端者排除という視点について、もしよろしければご意見お聞かせください。

八城氏:集団秩序を維持するために生贄を必要とするという考えは、初めて聞きましたが、そうした要素もあるかもしれません。日本は中国、朝鮮半島から多くの異文化を入れながらも、日本だけの固有の文明圏を維持しているように思われます。入ってきたものを日本だけにしかないものに変えているように思います。あなた自身も和僑といいながら、依然として心は日本から離れることができないのではありませんか。華僑は先祖は殆ど気持ちの上で現地化していると思います。残念ですが日本人には異端のものを受け入れる心の広さがないんでしょう。学校教育でも、全体の平均水準を上げることに熱心ですが、抜きん出るものを排除し、個性的なものを抑える傾向があります。

―― なるほど、そうすると、今後のこの国が移民政策を考えていく上で、様々な障害にぶつかりそうですね。

なお、わたくしは確かに物理的に日本を喪っておりますが、精神的には、日本に住んでいた頃以上に 日本に近づけたように感じております。欧州勤務四半世紀を過ぎた今、ある意味で「観」が確立できつつあるのではとおもい、「和僑」とみずからを呼ぶことにしております。海外に長く暮らすことの利点は、相対的に母国を観れるようになることではないでしょうか。完璧な国は存在せず、どの国にも、プラスとマイナス、陰と陽がございます。文豪ゲーテも 「外国語を知って、人ははじめて母国語の本質を知る」と喝破しており、もしかすると、これは先生がおっしゃる「知るは難く、行うは易し」(王陽明)につながっていくのかもしれません。確かに、日本は変わらなければなりません。そのためには、先ずは「知る」ことでしょう。「知ることは、変わること」なのですから。

ところで、八城先生は、大井町でお生まれになり、今年創立140年を迎える大井町第一小学校に通われていたそうですね。わたくしの友人も大井町におりその学校の卒業生ですが、大井町にはどのような思い出が残っておられますか。

八城氏: 私にとっての大井町は、大井第一小学校、鹿島神社、大井町の駅に近い賑やかな「三つ又」と言っていた商店街が強い印象として残っています。家から学校までは住宅街で商店は少なかった印象がありますね。

―― そうですか。今の大井町はずいぶん変わり、交通の便の良さからもますます注目されているようです。以前からJR京浜東北線と東急大井町線が通っていましたが、2002年にりんかい線が全線開通してからは3線が使えるようになり、渋谷まで10分、新宿まで15分で行けるようです。羽田空港へのアクセスもよく、また京浜東北線で丸の内など都心部にもすぐに行けるので、住宅地としての人気も高まっているそうです。

八城氏: そうなんですか。

木内氏(本誌主筆): スティーブ、君は八城さんにお会いする前に、「我々の世界の殿上人にお会いできるんですか、それは凄い!」と、興奮してたけど、実際にお会いしてみてどう感じましたか。もっというと、八城さんのおっしゃる「知るは難し、行うは易し」を当てはめて、八城さんという人物を「知った」後、君がどう変わったかおしえてください。そのほうが、今の八城さんの凄さをより正確に読者のみなさんにお伝えできるでしょう。

―― うーむ(笑)、木内さん、そう来ますか。たしかにおっしゃる通りですね。でも、なんか就職のインタビューされてるみたいですよ~。

そうですね、八城先生は、アングロサクソン系多国籍企業に勤める日本人の間では、半世紀以上にわたってレジェンドでしたからね。そりゃ、ワクワクしますよ。今この瞬間だってワクワクしてます。正直、ここまでエネルギッシュな方だとは思っておりませんでした。僭越ながら、実年齢を事前に伺って、ステレオタイプ的な思い込みがあったことを反省しております。さすがの八城先生でも、まさかここまで早口で、しかもどんな質問にも即座にお答えしていただけるとは思っておりませんでした。わたくしも残りの人生で、少しでも八城先生に近づけるよう自助努力を続けていきたいと、あらためて思った次第であります。

木内氏:なんか堅いなあ、いつものスティーブらしくないじゃないか(笑)。

―― うーむ、木内さんには頭があがりません(笑)

八城氏: ははは(注:豪快な笑い)

―― 恐れ入ります。もっと言わせていただくと、八城先生の凄さは シレッと凄いことをおっしゃることです。僕ら若造はゾクゾクしますよ。要は、気をいただいて、気合いが入るということです。願わくば、木内さんとわたくしがお互いに気を出し合って「気が合う」ように、八城先生にもご指導いただければと思っております。

木内氏:6歳しか違わない八城さんに仲人をしていただいて50年、それ以前の6~7年を加えると実に長い期間、僕の”先生”でもあります。さっき、奥様のことをお話しているとき黙ってましたが、本当のことを言うと、陽子夫人の大ファンだった我々木内一家も相当ショックをうけてまして。。。何度となく一緒にスキーもいきましたし。。。八城さんにどうお声掛けしてよろしいか案じておりました。今回、スティーブから「八城先生にお会いしたい」というリクエストがなければ、こんな風に楽しくお会いできるのは、きっともっと先になっていたかもしれません。

それでね、さっき、スティーブが言った「シレッと凄いことをおっしゃる、ゾクゾクさせられる」という点だけど、その陰にはね、いろんなことがからみ合ってるんだよ。でも、そのすべては善意の塊です。善い意味で影響力絶大だった陽子さんを失った八城さんの心の中は計り知れません。考えただけでも涙がでてきます。

―― そうでしたか。。。

八城氏: 木内さん、ありがとうね。お父さんにますます似てきたよ。  (注:遠い、遠い昔を思い出すような表情で呟かれた)

―― さて、本業のかたわら物書きを始めて15年目になりますが、わたくしが書き続けるわけは、記憶が風化するからです。八城先生をはじめ、大戦をはさんで必死に生きてこられた方々の努力があったからこそ、今、我々はこうして平和に暮らしていられるのだ、という事実をわたくしよりも若い世代に残しておきたいのです。

最後に、これからの日本を背負っていく人たちへのメッセージとして、「21世紀の日本人像」について、ご意見を伺えますでしょうか。

八城氏:老人ですから特に申し上げたいことはありません(笑)。やっぱり、自分たちで苦労しながら、自分たちの進べき道を模索してください。人に教えられてわかるもんじゃない。自らストラッグルした先に見える世界を、自分の目で確かめてみることが大切です。

ひとつ言っておくと、日本の復興の成功要因として、「平均的に優秀な人材を大量に作り出したお蔭」という説がありますが、僕は懐疑的です。だって、東京は焼け野原で何もなかったわけだし、物がなくて、消費者も欲しいものが自由に買えないという状態から始まったのですから。良いものを安く作れば、放っておいても売れる状態でした。成長率が高くなるのは当たり前だったのです。国が「保護」という名のもと国内競争をいろいろ制限するものだから、本当の意味での競争もなく、何をやっても結局はうまくいくような状況にありました。ところが、バブル崩壊で環境が大きく変わってしまった。もちろん、日本ではみんなが平均的に優れていますから、社会が安定しているし、諸外国とくらべると暮らしやすい。だけど、「みんなを平均的に幸せにしよう」というこれまでのやり方を変えていけば、もっと豊かになれる余地がまだまだあるんじゃないでしょうか。

それでは、そろそろフランス語の予習やらなきゃならないので、失礼しますよ。これいただいちゃっていいんですか。僕はゴダイヴァ(注:ゴディバの英語読み)好きですよ。スティーブ、ありがとうね。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 日本人のしつけ 2014年2月8日、14日、大雪が降りました。中央道の談合坂辺りにも大雪のため長い車の… MORE
  • 編集長ナガヤマ… 某日視聴。小生は毎週海にでかける用事があって車中往復2:30の間、NHKオンデマンドサ… MORE
  • 「肉まん」と小… 本日(2014,2,23)の日経新聞の“「肉まん」に見る中国政治”と題する5段抜きの解説記… MORE
  • 【Steve’s Bar】… ゲスト:高橋弥次右衛門氏 (15代高橋弥次右衛門) (写真:左:高橋氏、右:… MORE