NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

編集長ナガヤマの読書日記 :「民間防衛」スイス政府編の巻

 某日、2014年の2月頃に舛添都知事が会見で本書のようなものをつくり、全家庭に配布したいとおっしゃっていたのを突如思い出し、アマゾンで購入、読了。


 二言ぐらいでいうとこの本は災害や戦争に遭遇した場合に自由と独立を確保し続ける為のサバイヴァル本だ。永世中立国スイスでは本書を各家庭に配布しているそうな。そしてこの本はまえがきからかなり力強い。最初の2行をそのまま引用すると(引用はじめ)「国土の防衛は、わがスイスに昔から伝わっている伝統であり、わが連邦の存在そのものにかわるものです。そのため、武器をとり得るすべての国民によって組織され、近代戦用に装備された強力な軍のみが、侵略者の意図をくじき得るのであり、これによって、われわれにとって最も大きな財産である自由と独立が保障されるのです。」(引用おわり)とある。なるほど、ごもっともであるなあとそのまま引きずり込まれていく。


まえがきから宣言しているように、本書は自由であり独立し続けるには、それ相応の代償を払うのも止むを得ないし、その代償を払わない選択は絶対ないという心棒が入っている。なので内容としては防災備品の準備の仕方や民間での防災組織の方法、街に火災が起こった時の消火の手順、核戦争が起こった時の対処の仕方等々が事細かに記載され、挙げ句の果ては戦争が始まるまでには敵のプロパガンダやスパイ活動、撹乱活動があり、万が一にも侵略され占領された場合でもそれに耐えレジスタンスを組織し、祖国の自由と独立を奪取するまでの方法が書いてあって忠実に実行すればタイトル通り「民間防衛」が可能となる内容になっている。そしてこの考え方が標準なのだろうと思いを巡らす。


 さらには戦争の暗い部分である味方の裏切りや犠牲についても記述してあって、自立し続ける事のボリュームが一気に認識できる内容となっている。そして読了後、どうしても我が日本の雰囲気を比べてしまう自分がいる。もしかしたら我々はもう少し自立することの価値と努力を考える必要があるのかもしれない。必読。(写真はバチカン市国を警護するスイス傭兵)



コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

永山 新一 (ながやま しんいち)

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「肉まん」と小… 本日(2014,2,23)の日経新聞の“「肉まん」に見る中国政治”と題する5段抜きの解説記… MORE
  • 思秋期の詩(うた) 最近、四十代半ばから五十代初めにかけて、それまで運動とは無縁だったのに、突如と… MORE
  • 「御成門新報」… 「和魂洋才」といえば、福沢諭吉というのが我々の常識だが、戦後の思想史上比較的早… MORE
  • 【Steve’s Bar】…   (写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者) ―… MORE