NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

豊橋に日本一の図書館を

2019年に豊橋に市立図書館を建設する予定です。豊橋市には既に市立中央図書館が存在するので、既存の図書館という役割よりも、新しい発想における図書館建設に向けて、豊橋市民から多くの期待が寄せられています。その内容を詰める目的で「豊橋に日本一の図書館を発表会」が開催されました。

「豊橋に日本一の図書館を」の図書館計画の最大の魅力は、The Libraryではない発想があるからです。本、雑誌、新聞の貸出、閲覧をサービスの中心にしている豊橋の中央図書館とはまったく異なる利用者サービスが実現できる期待感からです。そのことで、豊橋市民の図書館に対するあつい気持ちが盛り上がっているのです。今年度内に市に草案を提出する段階ですが、その実現に対する要望は、すでにすべて出し尽くしています。しかしながら、実際には、その方向性が具体的になっていないのです。要望、期待、希望、夢想等、要は、具体的な方向性をどのようにまとめるかと、だれに最終的な旗振りを委ねるかです。水先案内人が多いとまとまりませんし、むしろ不平と不安のグループが足を引っ張ることになるのです。物事を決める際の「サシミ(3:4:3)の法則」に従えば、30%の賛成派、40%のどちらでもOK派、30%の反対派を、どのように丁寧に説明し、理解していただき70%の賛成、30%の反対でゴーサインできる状況をいかに作り出すことです。最近の例では、スコットランド独立における、独立賛成派、スコットランドの拡充賛成派、そして独立反対派における拡充賛成派の動きが重要な役割を演じたわけです。

持論ですが、図書館サービスの運用と内容については、既存の図書館、図書館員から一定の距離を置くことで新機軸ができると確信しているのです。図書館という名称はともかく、市民の皆様が望んでいるのは、豊橋に「いやしの館(コモンズ)」あるいは「最寄の館(コモンズ)」を建設することを実現することです。「館」に行けば、そこにいる人とコミュニケーションがはかれること、そこに来た人と「館」を通じて心のネットワークでつなぐことができる、技術的なネットワークも「館」にいけば解決する、そんなイメージだと考えているわけです。日本はどこもが少子化、高齢化なのです。

新図書館建築、新図書館サービス構築の経験者として、豊橋が成功に向かうために、ありていの事をここに加えさせていただきたいと思います。

・行政、企業(中部ガス等)とのリンケージ。

・図書館友の会(仮称)の実現。市民が自分たちの誇りと、希望としての建設をする意味を持たせるため。

・学生、ボランティアも参加できる図書館運用。

・大学図書館との協力。教科書、学術書の共有化。

・古文書等収集・提供活動:町づくり、町おこし。

・郷土資料に関わる情報収集と提供活動:過去と現在の郷土の状況、特産物、地場産業、遺跡、名所旧跡、祭りや芸能。

・課題解決として主題専門家へのつなぎの役割。

・グーテンベルグ42行聖書の購入による、インキュナビュラ発展のノウハウ。

・コンセルジュによる豊橋近辺の案内。

・諮問委員会の設置

1 優秀な図書館長(図書館経験者の意味ではない)の採用。

2 サービス方針の作成。

3 資金調達方法。

4 アンテナを高く張った情報収集。

5 市民への広報活動。(行政、企業、学校、商店街と住宅地。豊橋以外の市民。)

豊橋は、地方再生、地域再生にむけて、小さいが、大きな挑戦です。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

加藤 好郎 (かとう よしろう)

1949年東京都生まれ 学校法人慶應義塾参事を経て2014年より学校法人愛知大学文学部教授

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「御成門新報」… 「和魂洋才」といえば、福沢諭吉というのが我々の常識だが、戦後の思想史上比較的早… MORE
  • 【Steve’s Bar】…     ゲスト:木全ミツ氏 - 認定NPO法人 JKSK女性の活力を社会の活力… MORE
  • 「フィンランドと… つい先日、フィンランドで同性間の結婚が可能になる法律の投票が2014年11月29日に国… MORE
  • 【Steve’s Bar】… ゲスト:早川浩氏(早川書房代表取締社長) 聞き手:スティーブ・モリヤマ … MORE