NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

女性で回るフィンランドの教育現場(北欧シリーズその2)

『地球は女で回っている』-フィンランドとは関係ありませんが、こんな映画のタイトルがありました。このタイトルの「地球」を「フィンランド」に置き換えてもフィンランド人たちにとっては、全く違和感がないと思います。それは特に私が見てきた教育現場に如実に顕れていました。

フィンランドの首都Helsinki(ヘルシンキ)から電車で一時間程度のLahti(ラハティ)という人口10万人程度ですがフィンランド国内では人口が第8位の中規模な都市があります。大きな湖(そもそも地名にもなっているLahti、という単語は「湾」という意味でもあります)と、そのほとりには世界的にも有名な音楽家ジャン・シベリウスの名を冠したシベリウスホールという木を基調とした美しい音楽ホールや、毎年スキージャンプの世界選手権なども開催されるジャンプ台もある、文化もスポーツも盛んな都市です。

私は2007年から2008年の間は、そこの町で日本文化を紹介する教師として、小学校を中心に、幼稚園・中学校・成人学校など幅広い教育現場で1000人近い生徒たちと触れ合いました。通常は、1つの小学校に固定して1年派遣という形なのですが、私の教育係でもあった担当教師の先生のご好意により、市内の5校の小学校にお邪魔させて頂きました。

この5校の小学校のうち、4校の校長先生がなんと女性でした。

いつもメインで通っていたkiveriö(キベリオ)小学校の校長先生は、1歳の娘さんがいました。更に、私の担当教師のサリも女性で、当時彼女は38歳。彼女と初めて会った時のことを今でもよく覚えています。ひとりで日本から片道切符で出発したフィンランド。ヘルシンキに到着して一泊した翌日、日本大使館に寄って申請をした後、ラハティへ15:39着の電車で来れば、コンタクトパーソンのサリという人が迎えに来るから、という情報だけでヘルシンキから列車に乗り込み、初めての町に降り立ったものの、30分待ってもそれらしき人は現れず、しまいには薄暗くなり雨まで降りだしました。1時間経った頃にはいよいよ不安になり、かろうじて控えてあった携帯電話に連絡をしようとしましたが、日本で携帯電話を解約してきてしまった私は公衆電話を探すしかなかったのですが、そこは携帯普及率世界一のフィンランド。皮肉にも駅にもその周りにも公衆電話がありませんでした…。近くにいた見ず知らずのフィンランド人に、お金を払うから携帯電話を使わせてくれと頼んでみても、いきなりアジア人から携帯を貸してくれと言われて本国にかけられたら莫大な通話料がかかってしまうと警戒され、断られてしまいます。途方に暮れていたときに、あなたはアリサ?と話しかけられ、それがサリだとわかった時、私は間違いなく涙目でした。そんな私に謝りながら、3歳の子どもが病気で、保育園に迎えにいった後、病院に連れて行っていたので遅れてしまった、とサリは言いました。子どもは何人いるのかと聞いたら、’six children’ と答えた時には耳を疑いました。38歳で6人子どもがいて、先生をやっている?しかも一番上の子は高校生!?…女性が働きながらここまでのことができてしまう環境ができている、というのも学力世界1位の秘訣だったのです。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

川崎亜利沙 (かわさき ありさ)

2008年渡雰。フィンランドのLahti市内の現地小学校5校、特別養護学級、幼稚園、成人学校で教師として日本文化の授業を行う。ほか、Heksinki日本語補習校非常勤講師兼任。 のち、冬は現地旅行会社の北極圏オーロラリゾート地Saariselkäにてカスタマーサービス、夏はHelsinki-Sweden・Stockholm間を結ぶ豪華客船シリヤラインで日本人アテンダントとして勤務。 2010年帰国後、駐日フィンランド大使館勤務を経て、現在は千代田区立日比谷図書文化館 図書部門 企画広報サブマネージャーとして、また、日本のムーミンパーク準備委員会にも所属。 大学の卒論テーマは『北欧翻訳文学の比較』と称した妖精と妖怪及びムーミンとゲゲゲの鬼太郎の比較。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 新しい普請の文化 21世紀に入り、公共事業のあり方が少しずつ変化している。地域の豊かさの向上につな… MORE
  • 編集長ナガヤマ… 某日視聴。小生は毎週海にでかける用事があって車中往復2:30の間、NHKオンデマンドサ… MORE
  • 【Steve’s Bar】… <第1回「カレラ・ジェンセン」> 【お知らせ】今月から、Steve’s Barの… MORE
  • 「捏造朝日」の… 朝日新聞贖罪のためのレシピ 朝日新聞に対し捏造報道によってもたらされた、諸外… MORE