NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

「リーダーシップ」再考

「リーダーシップ」という言葉は、わが国ではかつてはあまり使われていなかったように思う。特に戦後はむしろその言葉を避ける風潮すらあったと言うべきかもしれない。しかし近年とみにこの言葉を耳にする機会が増えてきた。その言葉を口や文字にする人たちのイメージするリーダーシップはどのようなものだろうか。

物事が順調に推移し、格別不安が募っていない状況においてリーダーシップを求めることは稀で、人々が「○○さんには強いリーダーシップをとって欲しい」とか「リーダーシップが足りない」などと言うのは、脅威や不安など、つまり危機意識を持って「誰かにこれまでの政治や経営などの状況を大きく変えてほしいと願望する時が多い。ここで注目すべきは、より激しく、急速な変化が絶え間なく生じていて「危機意識」を迫られることの多い昨今の環境のことであり、そこへの対処である。いかなる人の集まり(以下「集合体」と呼ぼう)でも、集合体には維持あるいは達成するべき状態(「目標」)がある。周囲の状況は時々刻々変化するため、その目標とされた状態もそれに合わせて変えないと、集合体の存続が脅かされ、あるいはその存在や営みの意義を喪失することになる。企業や国の比較優位性の喪失などはその典型的な一例であろう。こうした変化への予見や対処は、各集合体の中の誰が決め、誰が行うのだろうか。前述のリーダーシップの概念にあっては、それらはすべからくリーダーの役目のように見受けられる。とするならば、リーダーは個人として完璧なほどの洞察力と指導力、それも往々にして集合体のメンバーそれぞれが慣れ親しんだ行動のしかたを変えることを伴う形で実行する能力を備えていなければならない。しかしそのような万能の、恰も神のような能力を持つ個人が企業、国などを率いて現実的に何十万人、何百万人も居ると想定するのは現実的だろうか。過去において各界に人並すぐれたリーダーがいたことは事実であるが、彼らの時代と現代をくらべると、現代の環境変化の速度と幅は過去と格段に異なり、求められる洞察の範囲も個人の能力を超える。このように考える時、冒頭に書いたようなリーダーシップの捉え方ではない、新たなリーダーシップの概念が広く認識される必要があるように筆者は思う。

鉄道において新幹線が新しい概念をもたらしたことを思い出してみよう。列車が運ぶ旅客や貨物の重量と走行スピードを増すために機関車を強力なものにするのが長らく主流であったが、新幹線において、すべての車両にモーター(動力)を搭載してひとつひとつの動力源は小型にする方式に変えたことにより、列車全体をスリムで空力的に合理的なものにし、走行スピードをかつてないレベルに飛躍的に上げると共に快適な乗り心地も可能にした。それを運転する上でより重要なことは、運航意図を有効に各々の、そして全部の車両のモーターに伝達することとなった。このことを鉄道におけるパラダイム・シフトとして参考にしつつ、集合体の運営を新幹線の運転士の役割に似たものとして新しいリーダーシップを考えてみたい。紙幅の都合でごくかいつまんだ形で整理してみると次のようになる。

まず、集合体の置かれた環境、進むべき方向とそこに向けて辿るべき手順、すなわち「ビジョン」の見極めである。これはリーダー個人の感性に頼る判断ではなく、最大限の客観性を持つ状況把握と分析を通じて行われなければならない。ここでのリーダーの役割は、自分が勝手にビジョンを書くのではなく、正しい形でビジョンを作成するプロセスが行われ、当該集合体のメンバーおよび関係者(ステイクホルダー)の誰にでもわかりやすく仕上げられることを担保することである。

次にそのビジョンを有効に伝達することである。ビジョンを受けてメンバーが苦労も厭わずに「熱い心」をもって努力する気持になるように伝えなければならない。リーダーのコミュニケーション能力が最も問われる局面である。ここで大切なことは、共に努力する「目標」が、その当事者だけの利益に留まらず、コミュニティ、産業、国、グローバルコミュニティといった上位の観点において意味があるものとして示されること、そして苦労の先には「みんなにとって明るい状況」があるということを示すことである。世界で過熟した資本主義の弊害が指摘される時代にあっては、このことは倫理性や誠実さも求めるものであり、ますます重要性を持つ。リーダーの格調が問われ、いわんやリーダー個人の私的欲求追求の臭いなどを感じさせるものであっては、メンバーに「熱い心」を抱かせることは不可能である。

モーターを搭載された客車に相当するメンバーは、モーターを与えられて勝手な方向に、勝手なスピードで走ろうとするかもしれない。逆に、階層を伝ってリーダーから与えられるビジョンを受け身で聞き、言われた通りに行動するかもしれない。ゆえに、ここで重要なのは、ビジョンの達成というひとつの方向性を共有する営みの中で個々が持つ能力を最大限発揮し、参画するということである。だからこそ上記のビジョンの共有と効果的な伝達が重要なのである。小さなグループですらこのビジョンの明確な共有が十分有効に図られていない事例はきわめて多い。また昨今の日本の政治にあっても、将来の目標を達成するための道筋を広くメンバー(国民)が理解し共有するためのプロセスが欠如しているため、国民の「熱い心」を掴むことができていない。それでは共に努力することには到底繋がらないのは当然と言える。

さて、各メンバーに以上の意味をよく理解させ、意欲をもって最大限の参画を求めるにあたっては、リーダーは各個人にもリーダーシップの種を育み、実践するように仕向けることが有効である。役職に伴うリーダーシップ(「フォーマル・リーダーシップ」と呼ぶ)とは別に、仕事のプロセスの作り方や、タテ割の官僚主義の排除などは、役職にとらわれない「インフォーマル・リーダーシップ」によるところが大きいからである。フォーマルなリーダーはインフォーマル・リーダーシップの浸透と発揮を促し、そのための支援やアドバイスを提供することが求められる。それはメンバー個人単位で異なる道であり、それに寄り添うリーダーシップという意味で昨今「サーバント・リーダーシップ」ということがしきりに言われるようになった。米国の士官学校の教科書にすらそのような考慮が加えられている。

ハーバード大学のバーバラ・ケラーマンは『リーダーシップの終焉』(The End of Leadership)という本を書いている。著者にそれを書かせた動機は、金と権力を実現する道としてのリーダーシップという考えが世に溢れ、方法論としてのリーダーシップの研修を業とする企業などが余りにも多くなってしまったことである。本稿でも触れたように、真のリーダーシップは金や権力を実現するだけのためではなく、より高い次元の目標を示してメンバーが困難をおしてでもその達成のために喜んで努力しようとする心理に導き、彼らの力を最大限発揮できるようにするところにある。またそのためには徒に天才や神がかりの人物をリーダーとしてイメージし求めるのではなく、誰しもが教育と訓練によりリーダーシップの最も大切な機能を理解し、自らそれを身につけようとすることが大切なのである。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

縣正彦 (あがた まさひこ)

日本の金融機関で国際プロジェクト金融に携わった後、米国ゼネラルエレクトリック社にてプロジェクト金融グローバルチーム構築に加わる。現在同社社外顧問の傍ら国際教養大学(秋田県)特任教授としてグローバルマネージメントにおけるリーダーシップ、日本のビジネス文化等の講座を持つ。

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 豊橋に日本一の… 2019年に豊橋に市立図書館を建設する予定です。豊橋市には既に市立中央図書館が存在… MORE
  • 四車線のハイウ… ロンドン行きの最終列車に飛び乗る。車中、へとへと、へろへろの状態で、先ずは赤ワ… MORE
  • 「フィンランドと… つい先日、フィンランドで同性間の結婚が可能になる法律の投票が2014年11月29日に国… MORE
  • 思考停止あるい… 昨年10月に岩波ホールで『ハンナ・アーレント』が上映され、連日満員となり、全国の… MORE