NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

「法の支配」の幻想について2

「法」の前提としての普遍的価値

安倍内閣が唱える「価値観外交」の前提とされる「普遍的価値」として「自由、民主主義、基本的人権、法の支配、市場経済」が我々市民にとって受け入れやすいのは、これが同時に現在の我が国が持っている日本国憲法の基本的価値観とほゞぴったりと符合していることも一つの要因であろう。

ということは、現行憲法は現在の日本国では、幸か不幸か国民の大多数から支持されているということであろう。安倍内閣の意図する憲法改正が、中々すんなりと国民に支持されないのはこの為である。だが、法の玄人である筆者から見ると、この現行憲法に対する国民の思い込みは甚だ心もとない信仰=思い込みに過ぎないと言わざるを得ない。

 最高法規としての憲法への幻想

日本国憲法98条1項は、「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅および国務に関するその他の行為…はその効力を有しない」としており、まさに法の中の一番強力なもの、法の王様とされている。

この最高法規としての憲法が、国民に支持されていることは誠に慶賀すべきことで、法の玄人からすると大変喜ばしいことだが、この国民の憲法支持は、一寸考えて見るだけで、実は甚だ惰弱、極言すれば単なる幻想に過ぎないとも言えるようなものである。

そもそも、日本国民の中で憲法の条文など、学校で教わった時以外全く読んだこともない人が圧倒的多数であろう。恐らく、憲法賛成の人よりは反対の人の方が読んでいる確率は高いかもしれない。だが、憲法反対論者の多数も自分でよく読んで条文がおかしいから反対という人より、日教組系の教員に初期の学校教育で植えつけられた偏見をそのままに、以後思考停止で暮らしてきた人の方が多いと言えよう。

いずれにせよ、日本国憲法をまともに読んで自分の頭で考えることのできる人であれば、これはおかしな法律だと思うのが当然である。

その一番解りやすい一例は、憲法の本文の前におかれ、その制定趣旨を高らかに宣言していると言われている(通常「前文」と呼ばれている)前書きを読んでみると、よく指摘される文法上の誤りはもとより、ちんぷんかんぷん、意味不明の悪文である。この文章は「日本国民は」という主語で始まっているが、「この憲法を確定する」という文末に至るまでに、句読点を含め何と84字を費やし、その長々とした長文の中に、主語である「国民」は「国会における代表者」を通じて「行動し」、子孫のために「諸国民との協和による成果」と「自由のもたらす恩恵」を「確保し」、「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」、更に「主権が国民にあること」まで「宣言し」た挙句の果てに、やっと「この憲法を確定する」という末尾にたどり着く上に、この間多数の副詞句、形容詞句が多様されているといった恐るべき悪文である。

この文章を読んだだけで、この憲法の制定過程の歴史的考証を待つまでもなく、英文の原文から蒼惶の間に日本文に翻訳されたという経緯を自ずから実証する証拠書類と看做されて当然といえよう。

このことは、この文章がこの憲法の基本原理とされる「国民主権」を規定したものだけに、そのアイロニカルな意義は致命的なものと言わざるを得ない。

「恒久平和」の幻想

この意味で、この憲法の実態を示すもう一つの典型的な事例として挙げられるのは、この格調高い第1段落に続く第2段落の文章である。これまた「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を維持しようと決意した」と高らかに崇高な理念を謳い上げている。

日本国憲法前文のこの部分については、筆者にとっと今や極めて懐かしい思い出がある。このエピソードはいつの時代か記憶がはっきりしないが、多分1980年代のこと、筆者の尊敬する優れた法律学者である上智大学の同僚がこの文章を評して、「こんなことを信じるのは、女学生ぐらいだろう」と度々言っていたことである。「女学生ぐらい」というのは、これまた男女平等法理虚偽性を揶揄する彼特有の反語で、「よほどのお人よし」いう意味であるが、要するに「平和を愛する諸国民」などという大アマの認識を前提とする国際関係の幻想的認識を嘲笑ったものである。特に今日の国際情勢を見ていると、このような見識がともすれば我が国の法律家には依然として欠如していることを再認識せざるを得ない。

この前文の第2段の文章こそ、現在安倍内閣が再検討を求めている憲法改正の一つの目標とされている第9条の戦争放棄と戦力否認の規定であることは指摘するまでもあるまい。つまり第9条の戦争放棄の理念は、これまた極めてナイーブな国際関係の幻想に基づく「法」の基本原理であり、これを大真面目に支持している法の玄人は、余程のお人よしか、意図的な悪人に違いないと思いたくなる。

以上、現行憲法の基本原理の一つである「法の支配」の国際的側面の幻想について簡単に検討したが、次回以降、「自由」、「民主主義」、「基本的人権」、「市場経済」などにも関連しながら、次々と「法」の支配の幻想に挑戦していくこととしよう。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

花見 忠 (はなみ ただし)

松尾綜合法律事務所客員弁護士。東京大学法学部法学博士、ケルン大学法学部、コーネル大学法学部、 カリフォルニア大学バークレー校留学。上智大学法学部教授、ルーバン•カソリック大学法学部客員教授、ハーバード大学ロースクール客員教授など歴任。政府関係の役職としては中労委会長、内閣官房参与等

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「法の支配」の… - 権威に跪く裁判所 - 証拠物の鑑定にまつわる疑惑  前回に紹介した弘前… MORE
  • 「捏造朝日」の… 朝日新聞贖罪のためのレシピ 朝日新聞に対し捏造報道によってもたらされた、諸外… MORE
  • ■世界のシネマ散… ストーリー 1983年ニューヨークの郵便局窓口、切符販売員の黒人が窓口に来た… MORE
  • 【Steve’s Bar】…   (写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者) ―… MORE