NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

同性婚の法的地位

オリンピックの裏にあるもの

ソチ・オリンピックが始まって、日本は最大数の選手団を送り込み、国内メデイアは例により大アマの見通しでメダル・ラッシュの期待を煽り起てていたが、日本以外の世界のメディアはかなり冷たい眼差しでこのイベントを報じていた。例えば、エレクトロニクスを駆使した劇的点火の仕組みが冒頭で作動せずに大ミスを犯した開会式のシーンを報じたNHKのテレビ中継でも、解説者もアナウンサーもこのチョンボに一言も触れることなく賛美の中継を継続したが、見ている方は違和感を覚えた筈。日本以外の海外メディアは翌日かなり大々的かつ的確にこのことを指摘していたのが目についた。

このように、とかく通り一遍の報道をもって足りるとする日本のメディアでは簡単な言及以外、殆ど掘り下げた報道も解説もなく無視されてきたのと対照的に、諸外国のメディアが揃って大きく取り上げた話題の一つに、ロシアの同性愛禁圧政策という大きな社会問題がある。これは、日本のメディアも事実だけは指摘していたが、ソチ・オリンピック開会式を米英独仏加など西欧主要国の元首が揃いも揃ってボイコットした主要な理由が、開催国の同性愛禁止政策に象徴される「人権無視」の国家体質にあることから、同性愛者の社会的地位をめぐる議論がグローバルな社会問題になっているという世界情勢を反映している。

この点は、プーチンとの男の友情を再確認するとともに来たるべき東京オリンピックへの期待を盛り立てる絶好の機会と考えた安倍首相の頭の中には、ちらりとも去就することもなかったかも知れない。首相の頭は、懸案の北方領土問題やシベリヤ共同開発など国家の重要問題で一杯だったことは、我が国の国益の観点からは十分納得できそうである。

だが、西欧主要国首脳の一致した行動の背景には、今やヨーロッパの主要国では殆ど軒並み同性婚、事実婚などの法的地位が認められるのが大勢であると同時に、アメリカでは昨今この問題が連邦最高裁の法と道徳に対する基本的見識が問われるような大問題となっているという事実が存在する。

アメリカでは2004年にマサチューセッツ州が同性婚を合法として以来、州レベルで次々と同性婚が認められるようになり、今日では18の州とワシントンDCで同性婚が法的に認知されるに至り、これは同性婚カップルにも相続権、税法上の特権や児童訪問権を含む親権などが認められるか否かという実益にも関係する大問題として裁判上の争点となってきたものである。

アメリカ社会の性道徳と法-「結婚」とは何ぞや

ところがアメリカでは、結婚を男女間のものに限定して保護する「結婚保護法」(DOMA)という連邦法があるため、この種の州法を無効とする判断が下級審の幾つかの裁判で下され、このような下級審判例の効力を争う訴訟が続々連邦最高裁に申し立てられ、同性婚の法的効力が審理される運びとなっている。そこで、連邦最高裁がこの問題についてどのような判断を下すかが注目を集める中、結婚、家族、家庭という社会制度の意味が改めて問い直されることとなったのである。

DOMAは、Defense of Marriage Actという名の示す通り、結婚という制度を「護る」ことを目的として1996年に成立したものだが、これを採択した合衆国下院の立法理由は、「異性同志の結合に固有の(inherent in heterosexual unions)子孫を生む可能性のない同性の結合については、拘束的関係に入ることを市民に対し奨励することに特別の利益を見出し難い」としている。州法のレベルで同性婚を禁ずる代表例とされるカリフォルニアのProposition 8の推進者チャ―ルス・クーパー弁護士も、「結婚という制度が擁護しようとするのは、男女の結合のみが児童の福祉をも促進するという意味で子孫を創造するものだかだ」と力説している。

これに対し、同性婚の推進者は反対者の結婚観は「”love”の要素を無視する」不適切で不十分なもので、子孫を作ることが結婚の不可欠の要素だとすると、不妊または高齢男女の結婚は認められないことになると反論している。これに対し、同性婚擁護論者は、「では獣姦はどうなるの?」と応じ、留まるところを知らないが、こうなるとペットの葬式やお墓が連れ合いのそれより立派になる趨勢からすると、ペットと人間の「婚姻」にも法的保護を与えるべしというペット愛護団体の主張も一笑に付すべきでないことになりそうである。

最高裁判事らの結婚生活 こういう議論の中で、ワシントン・ポストに載った「最高裁は“今風婚”(modern marriage)の鏡」というタイトルの揶揄的解説記事が注目に値する(Robert Barnes, ”Supreme Court reflects ‘modern marriage’”)。この解説では、今後同性婚の法的効力を判断する筈の連邦最高裁判事9名のうち、圧倒的多数は連邦法であるDOMAの保護する適法な結婚に当てはまらない家庭生活を営んでいる事実が暴露されている。「“今風婚”の先覚者だった未亡人が一名、未婚の独身女性一名、高年齢で結婚し子供が出来ず二人の子供を養子にしている男性一名、結婚前20年前には州レベルで禁止されていた異人種間結婚をしている男性が一名いるのに対し、“野球チームが出来るほど大勢の子供を造り、バスケット・リーグが出来るくらいの孫がいる”という、“伝統的結婚擁護論者のお眼鏡にかなうような男性はわずか一名”」といった事実である。

このような議論が展開する中で、The Anti-American Manifestoの著者として著名なcartonistのTed Rall がごく最近書いた「“道徳法”(morals law)はそろそろ歴史のゴミ溜めに」と題するコラムが目にとまった(Japan Times,Jan.8,2014)。この筆者は、「21世紀にもなってアメリカ人は、結婚相手や性生活の楽しみ方についてまで、道徳法の指図を受けることになるのだろうか」と疑問を提起しているが、翻って日本の状況は、精々婚外子の相続権が問題になるくらいのレベルで、最高裁判事の顔ぶれをみると「今風婚」などが問題となるのはまだまだの感が否めない。

古色悄然たる日本の最高裁

こう書いてきたところで、30年以上も前に筆者が書いた筈の原稿のことを思い出し、書斎の一隅に紙屑の如く積まれている古い出版物の山の中から引っ張り出してみたところ、「最高裁判事の高齢化」と題する随想で『法令通信』という法務省関係のお堅い雑誌の「今月のことば」という欄に掲載されたもの(1982年7月号)であった。この拙文は「最近、(日本でも)最高裁判事の高齢化が話題となっているが、高齢化即保守化とは限らない」という書出しで始まり、当時のアメリカ連邦最高裁のウイリアム・ダグラス判事の次のような逸話を紹介している。

同判事は76歳で老衰のため辞任したが、ニクソン人事で保守化した最高裁の中で最後のリベラル派の生き残りとして、辞任の説得に当たった友人に「大統領が代わって進歩派の後任が選ばれるようになるまで頑張るつもりか?」と聞かれ、「保守派のバーガー長官は俺の辞任を待っているだろうが、俺がいなくなったら誰が警鐘を鳴らすんだ!」と応じ、さらに「字が読めないほど弱っていて、どうやって判決をするつもりだ」と聞かれ、「バーガーの言うことを聞いて、その反対に票を入れるだけだ」と答えたというエピソードである。

筆者はこの話の落ちとして、ダグラス判事が70歳の時25歳のロー・スクールの学生と結婚している事実を指摘し、「我が国の最高裁判事にも、年令に関係なくこのくらい迫力のある人を任命して貰いたい」と書いている。

この文章の執筆当時52歳だった筆者には76歳はとんでもない年寄りの積りでこれを書いたが、84歳になった今日でも日本の最高裁判事の顔ぶれは相も変わらずの感を否めない。

グローバル化する同性愛 これに対し、海外メディアではオリンピック後も、特に38カ国で同性愛が禁止されているとされるアフリカ大陸など、イスラム圏における性的自由の侵害が次々と取り上げられる一方で、同性婚を認める新婚姻法が施行されたイギリス を初めとして、西欧の国々における性的自由の拡大を報じている。中でも、ニューヨーク・タイムス国際版(2014,5,31)は、紙面1頁全面を割いて「“ピンク・ダラー”の満開」と題して、L.G.B.T.(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender)ビジネスの花盛りについて特集記事を掲載していた。

これは、これらの性的パイオニア達のための団体旅行が大流行、驚いたことにヒルトンやマリオットなどの一流ホテルチェーンと大手旅行社が、同性婚者らの団体旅行を企画、これが大流行し思わぬドル箱となっているというお話である。この流行には、これらの人々はその居住地域では未だ依然として冷たい目で見られる中で、許容度の高い国や地方に旅し、人目をはばからずに思い切り「愛の旅」を楽しむことができるという、それなりの社会的根拠があるということである。

コップの中の漣 - キャロラインとアッキ―の悪戯 さて、このような世界の大勢から取り残されたような我が国でも、ごく最近になって仄のかな兆しの見えるニュースが伝えられた。これは、6月7日の夜東京のアメリカ大使公邸でなんと「LGBTプライド月間レセプション」と称する催しが開かれ、参加者150名の中に主催者キャロラィン・ケネディ大使のゲストとして、共にゲィとしてカミングアウトした日系俳優と社民党党首選に立候補した豊島区議、タイで子宮摘出をした「元女性」などのつわものと共にアッキ―こと安倍首相夫人が招かれていたという報道である。これを報じた週刊新潮(2014,6,19)は、イルカ漁反対をツイッタ―で表明したりしたケネディ大使とこれと親しい首相夫人の軽はずみに批判的だが、これを世界の大勢から自然と見るべきか、読者はどう判断されるだろうか?


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

花見 忠 (はなみ ただし)

松尾綜合法律事務所客員弁護士。東京大学法学部法学博士、ケルン大学法学部、コーネル大学法学部、 カリフォルニア大学バークレー校留学。上智大学法学部教授、ルーバン•カソリック大学法学部客員教授、ハーバード大学ロースクール客員教授など歴任。政府関係の役職としては中労委会長、内閣官房参与等

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • ■世界のシネマ散… 【プロローグ】 中近東の情報などほとんど無かった中学生時代、この映画は第1次… MORE
  • 【Steve’s Bar連… (写真:左:近藤氏、右:筆者) ゲスト:近藤昭氏 -桧家ホールディングス代表取… MORE
  • 【Steve’s Bar】… ゲスト:高橋弥次右衛門氏 (15代高橋弥次右衛門) (写真:左:高橋氏、右:… MORE
  • 「法の支配」の… ― 冤罪事件に見る「裁判官の思考停止」-   前回は、2人の元裁判官によ… MORE