NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

新しい普請の文化

21世紀に入り、公共事業のあり方が少しずつ変化している。地域の豊かさの向上につながる「公共的」な事業を進めていくために、環境整備に市民が参加するための工夫が蓄積されてきた。市民参加のプロセスが重視されるようになったのは、20世紀後半のことである。人びとの暮らしを豊かにするはずの公共事業が、地域のニーズに合わなかったり、思わぬ悪影響を引き起こしたりしたことで、市民の声を事業に生かす必要性が強調されるようになった。さまざまな立場の人びとが集まって、合意を構築しながら、地域空間整備の方針を意思決定していく場面が、徐々に増えつつある。

 近年では、市民のアイディアを生かすための合意形成にとどまらず、市民が自ら地域環境を整備していく「市民普請」というコンセプトが生まれている。土木学会では、2014年1月から「市民普請大賞」を募集し、民の参画による公共事業の取り組みについて、議論、評価する機会を設けた。

 普請とは、地域集落が全員参加で行ってきた旧来のインフラ整備のあり方を指す言葉である。道、川、水路、堤防などのインフラは、かつては地域の人びとの積極的な働きかけにより保たれてきた。ただし、明治期以降、地域環境を行政機関の主導で整備するようになると、地域の人びとの暮らしが環境から乖離されてしまった。こうした乖離は、人びとの環境に対する関心や、災害時のリスク管理の低下などにもつながると懸念されている。「市民普請」は、旧来の普請の意味を現代の市民参加の観点から新たに問い直そうとするコンセプトである。

 わたし自身も、環境保全事業の合意形成の専門家として、佐渡島にある加茂湖という汽水湖で、「市民工事」のプロジェクトを行っている。周囲約17kmの広さをもつこの水辺は、地域の自主的な管理を前提とする法定外公共物である。約40年前に矢板コンクリート護岸で囲われたことも一因となり、富栄養化が深刻化している。自分たちで少しでも環境を改善したいと、2008年に地元のカキ養殖業者や流域住民とともに市民研究所「カモケン」を設立した。企業や自治体からの助成を得てヨシ原や藻場の再生を試みている。

 切り立った矢板護岸の前にヨシ原が再生されことで、子どもたちが水辺に近づけるようになった。多世代で湖の保全を考える場が生まれ、漁業者のやる気も高まっている。加茂湖の市民工事は、流域にも影響を及ぼし、水辺の集落では、津波に備えて避難道を整備する事業が始まった。東日本大震災からリスク管理の重要性を学び、より安全な地域を作ろうという思いがカタチになった。

 市民普請は、陳情型から参加型へとわたしたちの意識を切り替える試みでもある。全ての公共事業が市民の意向を反映する形で進んでいるわけではないが、市民参加の文化が成熟していくためにも、今後さまざまな取り組みが進み、自分たちの手で地域を変えていくことの楽しさと達成感を実感する場が増えていくことが大きな意味をもつ。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

豊田 光世 (とよだ みつよ)

東京工業大学グローバルリーダー教育院特任准教授(博士)。

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:佐々木康元氏、(株)スターコネクション(Star Connection Inc.)代表取締… MORE
  • 「法の支配」の… - 裁判官の良心 - もう一人の巨星 さて前回までは、筆者の学生時代に斯界… MORE
  • 日本人のしつけ 2014年2月8日、14日、大雪が降りました。中央道の談合坂辺りにも大雪のため長い車の… MORE
  • 「捏造朝日」の… 朝日新聞贖罪のためのレシピ 朝日新聞に対し捏造報道によってもたらされた、諸外… MORE