NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

ミリキタニの猫を見る。

NYの路上芸術家ツトム・ミリキタニ80歳を追いかけるドキュメンタリー。
全編ハンディカムで撮られた映像はサクラメント生まれの日系アメリカンの彼の生きざまを描写していく。
彼はNYの街角で路上生活を送りながら、印象的な猫や風景の絵を描く。
その絵は地元で評判になりネットで販売される程だ。そんな彼に監督は近づき友達になり、絵の購入と引き換えに映画を撮る約束を交わす。取材を重ね徐々に二人の関係が構築されてきた中でミリキタニは自分が広島出身で親族全員が原爆で消滅した事や、自分達がアメリカ人であるにもかかわらず収容所に入れられ市民権放棄を強いられた事を話し出す。その表情は自分達を裏切ったアメリカという国への恨みや憤りで覆われ、それを語る彼の決して上手ではない英語がさらに彼の主張や生きざまを鮮やかに抉りとる。
ある日、911が起こる。慌てふためく人々を尻目に路上で黙々と描き続けるミリキタニ。後に彼は非常に印象的な作品を描き上げる。やがて街は有害な煙でみちあふれ監督は自宅へ彼を招く。一時避難と同時に自立を支援しようと思い立ったのだ。資格があるにもかかわらずアメリカ政府から年金を貰う事を頑なに拒否するミリキタニだが、地域住民に絵を教える事を通じ他者との関わりを深めて行く。やがて彼は自立し、生き別れになった姉や従兄弟の家族の存在が明らかになるにつれ旅行を決意する。その旅先は度々絵に出てきた彼の原風景である収容所を訪ねる事だった。彼はそこで死んでしまった小さな友達を弔いたいのだ。彼と監督はツアーに参加する。何もない砂漠の真ん中でコンダクターのとつとつと事実のみを告げていくアナウンスが心に刺さる。だが帰りのバス車内でミリキタニに変化が起こる。アメリカに対する生々しい思いが昇華するのだ。その変化は映像を見ない限り伝わらないだろう。
そして以降の彼の表情は安らいだものとなっていく。ミリキタニは新しい人生の扉を開け、再び力強く歩き出したのだ。かつてアメリカは自国アメリカ人の自由を奪い涙を奪い仕事を奪い友達を奪い家族を奪った。
だが最後までミリキタニは奪われなかったのだ。同時にミリキタニは日本人を演じていた。
我々の祖父達はミリキタニの様にパワフルに創造し笑い歌い戦い、そして悲しんでいたのだろうか。
*2012年10月にツトム•ミリキタニ氏は逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。

<ミリキタニの猫 2006年 アメリカ リンダ・ハッテンドーフ監督>


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

永山 新一 (ながやま しんいち)

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています