NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

インターネットというモヤモヤ

インターネット(以下ネット)の根源はよく「核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」と言われており、そもそもが1940年の米国国防総省の全米防衛研究委員会(マンハッタン計画の策定で有名)から始まった米軍の組織が生んだ成果物なので、そうみなされてもしかたない面もある。ところが当事者のローレンス•ロバーツという人が「核戦争を避けるためのネットワークがインターネットの母胎になったという説が、いかに<おいしい>話であろうとも、当時のARPAネットの計画責任者として、それは断じてなかったと証言する。」と著述をしており、これが嘘でも本当でも彼がネットの開発者である名誉は変わらないので案外本当かもしれない。それでは仮に軍事目的以外で開発されたとするならばネットの発達とは何かというと「つながりたいという人間の欲求が次々にバトンされてきた物語」で、「同時に超優秀な頭脳を持った最先端の人達が自分の技術を惜しみなく分け与え、誰も自分の権利を主張せずに喜んでアンサング•ヒーロー(縁の下の力持ち)に徹した物語」という定義づけもできる。もしホームページの規格<HTML>やEメールの基礎技術<TCP/IP>の開発者がその権利を主張していたら、彼らは史上最大の億万長者になったかもしれないが、ここまでネットは普及しなかったであろう。ちなみにホームページの規格を開発したサー•ティモシー•バーナーズ=リーという人物だ。彼が作成した世界初のホームページのサーバーは、スティーブ•ジョブズがアップルを追放されていた時に造っていたNeXTマシンが使われていた事はスティーブ•ジョブズ自身もそんなに喧伝しなかったせいか、あまり知られていない。

 さて現在ネットは順調に技術進歩やコスト逓減の助けもあり発達し、私たちの生活インフラに密着する存在になった。その普及の速さに違和感がある人もいるだろう。その正体とはネットと、私たちが慣れ親しんできたテレビ•新聞•ラジオ型ネットワークと殆ど対極にいるからだと思う。テレビ•新聞•ラジオのネットワークはピラミッド型の構造で1つのコンテンツを均一の端末 (TVや紙)が多数存在して受信する仕組みだ。そしてその均一の端末からは情報を発信する事はできない。一方ネットは雑多な端末が格子構造でかつ複数階層で成り立っていて、どの端末をみても情報の発信と受信という両方の機能を持っている事にある。この2種類のネットワークは基本設計から全くから違うので、一方で正しいと思ってやっている事が他方からは成立しない様に見えてしまう。ホリエモンとフジテレビとの衝突は記憶に新しいが、ホリエモンの言っていた「メディアとネットの融合」を今、改めて眺めると世界の潮流になっている。いずれにしろ違和感の根源というのは個人が全体に大きな振動というか影響を与える可能性を誰でももてるようになってしまった事に対して我々自身が使いこなせないという不安というか予感なのではないか。そして今、我々はとんでもなくワクワクできる時代に生きている。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

永山 新一 (ながやま しんいち)

1968年神奈川県生まれ。学校卒業後、日本生命(相)に入社。その後、飲食店経営などを経て2014年株式会社ラヴアンドシェアイメージ(lsi.tokyo)を設立。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 朝日新聞の捏造… -我が国の言論自由を問い直す-  今から9年も前に朝日を見限る  「生まれ… MORE
  • 四車線のハイウ… ロンドン行きの最終列車に飛び乗る。車中、へとへと、へろへろの状態で、先ずは赤ワ… MORE
  • 社会の利益 vs.… 近年、「社会起業家」と呼ばれる人たちが現れた。 NPO(非営利団体)ではなく、… MORE
  • 「捏造朝日」の… つい先日、御成門新報への寄稿予定の「朝日新聞の捏造報道とメディアの炎上」と題す… MORE