NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

思秋期の詩(うた)

最近、四十代半ばから五十代初めにかけて、それまで運動とは無縁だったのに、突如として走り始めたり、トライアスロンに挑戦する男性が日本で増えてきているという。その背後にある精神風景について考えてみたい。

  

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



 おもむろに給仕が料理を運んでくる。大きな鱸(すずき)。七十センチくらいある。頭から尻尾の先まで真っ白な塩で覆われていて、まるで出来たてのミイラのようだ。中身は全く見えない。メスを握る解剖医のような指さばきで、フランス人の給仕が塩のベールを剥がしていく。瞬く間にミイラは魚に姿を変える。



 そこから、微妙に給仕の表情が変わっていく。まるで女性を愛撫するような手つきで、骨と身を切り分ける解体作業が進んでいく。しばらくして骨一つない白身となった鱸(すずき)は、眩いばかりに美しい。給仕は、七種類もあるオリーブオイルを一つ一つ説明していく。好みのオイルをぷりぷりした白身にかけてもらう。



 解体台上に残されたもう一つの皿は、対照的だ。骨と皮だけになった鱸(すずき)が、片付けられる寸前の緊張感の中で、ある種の存在感をもって横たわっている。真っ白な背骨。ヘミングウェイの『老人と海』の最後のシーンが蘇ってくる。キューバ人の漁師が悪戦苦闘の末に仕留めたカジキマグロが、帰港する途中で鮫の大群に襲撃されて骨と皮にされてしまう。ところが、港でその残骸を目にした観光客は、そこにある種の「美」を見出す。美醜は表裏一体。あの美しさは、一体どこから来るのだろうか?



英米圏で、四、五十代の男たちと飲むと、よく「ミッドライフ・クライシス」(思秋期の危機)の話で盛り上がる。特に英国では「自分を笑い飛ばせることは粋」と考えられており、自嘲的な武勇伝に花が咲く。突然襲ってくる気力、体力の衰え。もの忘れ。老眼。脳味噌や上半身に加え下半身も衰え始める。めっきり酒も弱くなる。



勿論、若さとの別れの予感を感じつつも、うまくソフトランディングできる人はいる。だが、大多数の人は、焦燥感と喪失感に彩られた蟻地獄のような精神風景の中で、力の発信源を求めて、さすらいのノマドになる。人生の後半戦を迎えた今、本当に自分の人生はこれでいいのだろうか?そんな自問自答を続けていると、遠い昔に感じたときめき・夢が突如として蘇ってくる。大型バイク、スポーツカー、サーフィン、退職と起業、社会奉仕活動、若い愛人との失楽園ごっこ、エトセトラ。葛藤と無謀のシーソーゲーム。こうして、「ミッドライフ・クライシス」という名の人生の一幕は開けていく。



不思議なことに、日本の中年男性との酒席でこの言葉を聞いたことがない。ある論者は、文化的要因により日本でミッドライフ・クライシスに陥る人の割合は欧米より著しく少ないという。だが、私はそう思わない。本当のところ、日本人もさほど違わないのではないか。違う点があるとすれば、自分の中で確実に起きている変化を黙殺、封印してしまう力をもつ人の割合であろう。



結局、人間はアニマルだ。オスであれ、メスであれ、人生の要所要所で、上述のカジキマグロに象徴される力・エネルギーの補充を本能的に必要とする。力に対する畏敬、憧憬、渇望。そういう気持ちが体の奥底から湧き上がってくるのを少しでも感じたら、そっと耳を傾けてみよう。人それぞれ異なる、力の発信源に身を委ねてみるのだ。



「青春とは、人生におけるある期間を指すのではなく、精神風景をいう。沸々と湧き上がってくる生命の息吹。臆病な自分に打ち勝ち、選難の精神で突き進んでいく姿勢をいう」(筆者訳)と喝破した詩人ウルマンは、きっとミッドライフ・クライシスの意味を熟知していたのであろう。



さてさて、読者の皆様のミッドライフ・クライシス・マネジメントは如何(いかが)。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

スティーブ モリヤマ (Steve Moriyama)

☆☆☆ベルギー王国ブリュッセル在住 。英国ケンブリッジ大学院及びカトリック・ルーベン大学院(ベルギー王国)修士課程修了。米国ハーバードビジネス スクール GMP 修了。イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員 (FCA)、ベルギー王国公認 税理士協会正会員 (CTC)。『人生を豊かにする英語の名言』『英語社内公用語化の傾向と対策』など著書15冊。雑誌連載は、『クーリエ・ジャポン』『月刊・事業構想』『GOETHE』『日経ビジネスオンライン』など。好きなものは、海、酒、旅、犬、活字、薔薇。  フェイスブックID: meigen777 

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「法の支配」の… - 裁判官の良心 - もう一人の巨星 さて前回までは、筆者の学生時代に斯界… MORE
  • 「法の支配」の… ―裁判所は「円形監獄」、裁判官は「司法の囚われ人」- 戦後司法のDNA 前回述べ… MORE
  • 「法の支配」の… 安倍首相による「法の支配」の強調 安倍首相は、5月30日のシンガポールで開かれた… MORE
  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:神戸雄一郎氏(かんべ土地建物株式会社 代表取締役社長) 聞き手:スティ… MORE