NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

社会の利益 vs. 個人の幸福: 普通であることの意味

近年、「社会起業家」と呼ばれる人たちが現れた。

NPO(非営利団体)ではなく、社会貢献を目的としながらも、個人の利益も同時に追求する人たちだ。つまり、社会の利益と個人の利益を一致させようという動きである。

これは日本を含めた世界の、特に先進国で急速に増えている。



そもそも洋の東西を問わず、昔から成功した個人の多くは、財産を築いた後に大きな社会貢献をしてきた。しかし近年の社会起業家は、先人たちと決定的に違う点がある。

成功する前から、社会貢献が目的となっていることである。

そこには、「個人の利益追求と、社会貢献は矛盾しない」という思想が根底にある。



しかし日本では、実はまったく反対の発想で社会が成り立っている。集団主義という構造である。個人より集団が優先される社会では、個人が好きなことをやるのは基本的にご法度だ。社会の統率が乱れるから、というのが主な理由だろう。



つまり、こういうことだ。

ひとりひとりが好き勝手なことをすれば、社会が成り立たない。

だから、みんなで我慢しなければならない。

ただしそして、みんなが我慢すれば、それが社会全体の利益になる。

したがって、結果的には個人に利益が還元される。



しかしこの考えかたには、非常に大きな問題が潜んでいる。いつまで個人は我慢すればいいのか、という問題である。そして、基本的に個人を抑圧する社会となるので、個人の自由な発想や行動は、「社会秩序」の名目によって大きく制限されてしまう。それは「滅私奉公」、つまり私利私欲を捨てて、公のために生きるべき、という考えになる。



果たして、滅私奉公によって幸福な社会は達成できるのであろうか。



その問いに「NO」を突きつけ、個人の幸福追求と社会貢献を両立させようとしているのが、前述した社会起業家たちなのである。



しかし集団主義を基とする社会では、「幸せの定義」までもが影響される。

「普通が幸せ」ということだ。

みんなと同じである普通、つまり集団に同化することこそが、個人に幸せをもたらす、というのである。



画一化した社会で、みんなが同じことを求めるならば、コントロールしやすい社会であることは間違いないだろう。もちろん、あくまで為政者からの視点である。

では、個人は本当にそれで幸福になるのだろうか。



現実的なデータを見てみると、日本人の個人が実感する、生活満足度はあまり高くない。

80年代後半、日本の格差が世界で2番目に低かった時代でも、日本人の生活満足度は

高くない。



みんなと同じであることは、ある程度までの満足度を上げるかもしれない。しかし、集団に同化することで失われる、自尊心については、満たされることはない。

だから「普通が幸せ」というは、幸せの定義を集団主義に適応するために、集団主義に属する人々がひねり出した、苦肉の詭弁ともいえる。



だからこそ、個人の幸福の追求に、社会的に意義を見出そうとする人々が台頭しているのだろう。個人を抑圧した社会であれば、その社会がいくら豊かになっても、個人は抑圧されたままで、幸せになれるはずもない。



個人の利益追求と社会貢献との両立はできる。

しかし、個人の利益追求を否定しつづけるかぎり、達成することは難しい。

「人と違うことが素晴らしいのだ」と、心の底から思える人々が増えないかぎり、日本はいつまでも、中途半端な満足感しか達成できない集団で終わってしまうだろう。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

目崎 雅昭 (めざき まさあき)

慶應義塾高校、慶應義塾大学商学部卒。 在学中、米ペンシルバニア大学へ留学。 ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)社会人類学修士号。 1993年メリルリンチ証券へ入社。デリバティブトレーダーとして金利スワップを担当、メリルリンチ 社内で世界一の収益をあげる。メリルリンチ証券退社後、世界100ヶ国以上へ10年近い歳月をか けた旅に出る。インド、アフリカ、南米を中心とした、まったく違う世界観で生きる人々と身近にふ れ合うことで、パラダイムの変換を目指した。

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 「御成門新報」… 「和魂洋才」といえば、福沢諭吉というのが我々の常識だが、戦後の思想史上比較的早… MORE
  • 「捏造朝日」の… つい先日、御成門新報への寄稿予定の「朝日新聞の捏造報道とメディアの炎上」と題す… MORE
  • 世界を徘徊する… 「歴史認識」見直しの潮流 この数カ月、「歴史認識」という名の妖怪が世界を駆けめ… MORE
  • 日本人のしつけ 2014年2月8日、14日、大雪が降りました。中央道の談合坂辺りにも大雪のため長い車の… MORE