NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/wordpress/?p=1047

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

世界のシネマ散歩≪第15回≫ 『縞模様のパジャマの少年』 (原題)THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS

≪ストーリー≫
第2次大戦下のドイツ、ベルリン。ナチス高級将校を父に持つ8歳の少年ブルーノは父の転勤のため、母、姉と共に住み慣れたベルリンを離れ郊外に引っ越す。殺風景な田舎町の大邸宅に移り住んだブルーノは、学校もなく友達も見つからぬ日々にすっかり退屈してしまい、禁じられていた裏庭を抜け森を探検をしているうちに有刺鉄線のフェンスで囲まれた「農場」を見つける。そこで縞模様のパジャマを着た同世代の少年シュムールを見つけたブルーノは、フェンス越しに話をするうちにゲームやボール遊びをする仲になる。シュムールは常にお腹をすかしておりブルーノにチョコレートやパンをねだるが、友達を失いたくないブルーノはせっせと食糧を運ぶ。ある日シュムールの父が行方不明と知らされブルーノはフェンスの下に穴を掘ってシュムールの父を捜すのを手伝いに「農場」に入っていく・・・。

≪ビューポイント≫
弱冠40歳のアイルランド人ジョン・ボイン原作の本作は、アイルランドでベストセラーになったほか、日本を含む世界30カ国で出版された。本作はイギリスとアメリカにより制作されておりドイツは全く絡んでいないナチスの映画だ。ゆえに台詞は全て英語で多少違和感はあるが、原作自体の史実考証がしっかりしておりその史実を忠実に再現した作品として高い評価を得ている。登場するナチス青年将校の軍服や皮のコート姿はどれもスタイリッシュで素晴らしく当時の高級感あふれる軍服そのものだ。映画関係者、特にハリウッドにはユダヤ人が多いので、ナチスの残虐性を追求したホロコースト映画はひとつのジャンルを形成するほどに多いが、本作品は、戦闘シーンもなく、ただただ当時のナチス高級将校の家族の心情を父親本人も含め、祖父母、母、姉と丁寧に描いている。冒頭、収容所所長に栄典する父の歓送パーティで息子を自慢する祖父と密かに蔑む祖母、ただ夫と国家の行方に従う母がいる。引っ越した後の生活も家族の心情を中心に描かれているが、手伝いのユダヤ人との接触を避け、最後には夫の仕事を知って精神を病む母、抱いていた人形を捨てナチスのポスターを部屋中に貼り、アーリア人、ドイツ帝国は最高と唱える家庭教師に感化される姉に、無垢な主人公ブルーノ少年は戸惑う。実際に第2次大戦末期のドイツは日本と同じく、ドイツ帝国絶対勝利とそのためのユダヤ人排斥が国としての方向だったのだろう。
主人公となる2人の少年はオーディションで選ばれたそうだが、当時の上流階級の少年とユダヤ人の寂しげな少年そのままの瞳がとても美しい。また脇役陣も秀逸だ。父親役のデヴィット・シューリスは、「ハリー・ポッター・シリーズ」のルーピン先生でおなじみだが、本作では、国のために忠誠を尽くし任務に邁進しながらその仕事が故に、妻を精神的に追い込みながらも、娘、息子にとっては最高の父親としての信頼を取り繕う難しい役をこなす。夫に尽くしながらも最後に狂ってしまう悲劇の母役を演じるヴァラ・ファーミガは「マイレージ、マイライフ」でジョージ・クルーニー相手に粋な恋人役を演じていた。この原作は史実に忠実とはいえフィクションゆえに、白昼、フェンスの下に穴を掘って入れるほど、収容所の監視は甘くないだろうとか、いくら子供でも当時「農場」と呼ばれていた所がどんな所かぐらいは知っていただろうという批判はあるが、原作者は実際にアウシュビッツやソビプルの絶滅収容所の所長回顧録を読み、彼らは決して収容所の中身を家族にも明かさなかったし、当時のナチスは、楽しい「農場」のプロパガンダ映画を作成しており、8歳の利発な少年がその映画を見て楽しそうな「農場」と間違えたことは決して突飛なことではないと言っている。
この作品の最後がどうなるか、観客には郊外に引っ越してきた時点から想像がつく展開だが、皮肉っぽいタイトルと共にこのバッド・エンドは無垢な子供を巻き込んだ戦争映画の宿命として是非見てほしい。(Ryu)

(製作国)イギリス・アメリカ
(日本公開)2009年8月
(上映時間)1時間35分
(監督・脚本)ポール・ハーマン
(原作)ジョン・ボイン「縞模様のパジャマの少年」


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

onarimon_admin ()

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Y’s Bar 元酒… 先日、とあるウイスキーと出会った。 自分でもよくわからないのだが、とにかく若… MORE
  • 【Steve’s Bar】…   (写真:前方右から:八城政基氏、本誌主筆木内孝、後方:筆者) ―… MORE
  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:佐々木康元氏、(株)スターコネクション(Star Connection Inc.)代表取締… MORE
  • 朝日新聞の捏造… -我が国の言論自由を問い直す-  今から9年も前に朝日を見限る  「生まれ… MORE