NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=1052

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/wordpress/?p=1047

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

世界のシネマ散歩≪第14回≫ 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(原題)THERE WILL BE BLOOD

≪ストーリー≫
1900年初頭のアメリカ、一攫千金を夢見て西へ西へと石油発掘を続ける親子連れがいた。男の名前はダニエル・プレンビュー、孤児を自分の息子として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずと言われカリフォルニア近郊のリトルボストンに向かう。うずら狩猟と称して野営しながら石油の存在を確信したダニエルはすぐさま貧農にあえぐポールの父親の土地を安値で買収し石油発掘に着手する。故郷を捨てたポールには地元で第3の啓示協会と称してカリスマ牧師を務めるイーライという双子の弟がいた。父が安値で土地を売ったことに怒りダニエルに洗礼と協会への寄進を迫るイーライは、やがてダニエルを脅かす存在となっていく・・。

≪ビューポイント≫
本作はアメリカの社会主義作家アプトン・シンクレアの小説「OIL!」が原作になっている。この作家は多くの社会的ジャンルを題材とし「ジャングル」という作品でアメリカ精肉産業の実態を告発し、後に食肉検査法を成立させたそうだ。本作ではダニエル・プレンビューという石油王の生涯を通してアメリカ石油開発の歴史を追う。監督は御存知「マグノリア」で天からカエルを降らせて観るものを震撼とさせたポール・トーマス・アンダーソン、娯楽性を排除し予定調和のない不気味さがシンセサイザーの音楽と共に観客に忍び寄る。本作は2007年アカデミー賞の作品賞はじめ最多7部門にノミネートされ主演男優賞と撮影賞に輝いた。2度目の主演男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイスは野望に燃えて、極貧の金鉱労働者から石油王となる希代の山師を2時間38分間でずっぱりで演じきった。前作「NINE」で映画監督の苦悩を描くブロードウェイミュージカルを華麗に演じた同じ役者とは思えない脂ぎった男を骨太に演じる。
原題がそのまま邦題となった本作だが、原題以外はピッタリとした題名はなかったのかもしれない。弱肉強食の石油ビジネスにまつわる社会派映画化とは違い、無宗教の石油王と宣教師の確執が主眼となりすべての場面が血にまつわる。小道具として連れ歩く拾い子を溺愛する歪んだ親子の血、偽の弟の出現に優しく振舞い最後には殺してしまう兄弟の血、狂気の宣教師イーライとの救いの神、キリストの血を巡る確執で最後には頭に血が上る。石油イコール悪魔の血となる妖怪ダニエルの一生。
ハリウッド期待の若手ポール・ダノが演じる狂気の宣教師イーライも見ものである。1900年代初頭のアメリカ中西部のキリスト教布教の歴史が本作では石油開発と同時進行で進むが、そこには敬虔なクリスチャンとしての農業入植者がおり、バラック小屋で行われるミサで悪霊を払ってくれる宣教師を盲目的に信じ寄進を続ける。神を信じない無宗教のダニエルを疎ましく思っているイーライだが、ガス爆発事故で息子が難聴になった時に「神は無力か!」とダニエルになじられる。イーライは悪霊払いの預言者となり布教の旅にでるがうまくいかず失意のまま故郷に戻ってくる。イーライがダニエルの大邸宅を訪れ、約束の寄進を果たせ、金をくれと迫るラスト15分のやり取りが圧巻だ。飲んだくれの石油王ダニエルと落ちぶれた預言者イーライの死闘の場面は、何故か自宅にある2レーンのボーリング場だ。波乱に満ちた石油王の一大叙事詩がボーリングのレーンの上で終息する。石油開発、ボーリング・・・・。そしてエンディングのブラームスのバイオリン協奏曲の前に彼が最後に発した言葉が物悲しい。(Ryu)

(製作国)アメリカ
(日本公開)2008年4月
(上映時間)2時間38分
(監督・脚本)ポール・トーマス・アンダーソン
(原作)アプトン・シンクレア「OIL!」


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

近藤 龍 ()

総合商社を経て現職。商社時代は、イラン、イラク、マレーシア、シンガポール等に駐在。慶應義塾大学商学部卒業。

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 【Steve’s Bar連… ゲスト:廣瀬慶太郎氏 – 廣瀬商会代表取締役社長 聞き手:スティーブ・モリヤマ … MORE
  • 四車線のハイウ… ロンドン行きの最終列車に飛び乗る。車中、へとへと、へろへろの状態で、先ずは赤ワ… MORE
  • 花見 忠の読書… 筆者の新報への寄稿は、多くが専門領域の法律問題を始め政治,社会問題が中心になりが… MORE
  • 「捏造朝日」の… 朝日新聞贖罪のためのレシピ 朝日新聞に対し捏造報道によってもたらされた、諸外… MORE