NEWS:

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/994

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/991

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/960

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/941

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/922

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/905

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/901

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

【Y’s Bar 元酒屋の娘によるおススメの1本】 第1回「人生で大切なことは酒屋で学んだ」

先日、とあるウイスキーと出会った。

自分でもよくわからないのだが、とにかく若い頃からお酒とは切っても切れない関係を続けてきた。酒屋の娘として育ち、幼少からお酒が身近な存在だったせいもあるだろう。けれど、ウイスキーのハードルは高く、これまで手にする機会は皆無だった。

ところが、その晩のシングルモルトとの邂逅がわたしの中の何かを変えた。バーテンさんにシングルモルトについて教えてもらっているうちに、深淵なるウイスキーの世界に吸いこまれていく自分を感じた。

深紅の漆一枚板のバーカウンター越しに並ぶ琥珀色のボトルの中から、もちろん一杯目はロックでいただく。入門編のスコッチウイスキー。シングルモルトならではの素材の色と味、そして香りを満喫しながら、手にしたお酒の生まれ故郷・スコットランドに想いを馳せる。
いや、<妄想する>といったほうが自分にはしっくりきそうだ。

余談だが、わたしは、くせのある人が好きだ。そもそも人に興味があるのだが、特にその人の個性、つまり個の部分が強烈な光を放っている人に惹かれる。なぜだろう。きっと、その部分こそが、<その人がその人である証>だからであろう。

日本の教育環境では、古来から和を以て貴しとなす、というように没個性が奨励される傾向にあるが、実際、かつての自分も周囲と同じでいることにある種の安堵感を覚えていた。今思うと、自分について自信がなかったのかもしれないし、出る杭となって打たれてしまうことが怖かったのかもしれない。

ところが、最近は他人と違うからこそ自分なのだ、良い所も悪い所も含めて丸ごと自分であり、世界で唯一無二の存在としてたまらなく愛おしい、と思うようになった。

自分以外の存在に対しても同じだ。アクの強さや変わった言動・思考が表に出ているほうが個体として興味深い。まるで「これがわたし。他の人とは違うでしょ」と密かなメッセージが添えられているようだ。思わず、「うんうん、わかったよ。それがあなたなのね!最高よ」と呟きたくなる。

人に対してそんな風に感じるわたしだが、実は飲み物や食べ物についても同じように感じる。

例えばチーズなら、強烈な匂いのウォッシュタイプや青カビタイプが好物だ。圧倒的リアリティーをもって、自分に向かって存在を訴えかけてくる個性。食べやすいと言われるチーズは、確かに食べやすいけれど、先述の没個性というか、ありきたりな味でチーズ本来のもつ存在感が感じられない。

野菜類でもワインでも同じだ。香草の香りやえぐみ・苦さが大好きだし、シャルドネなら樽の匂いのしっかりついたものに惹かれる。ただし、癖があるものや匂い好きと言っても、くさやの干物だけは苦手だ。。。笑。やはり、何事にも限度があるが、そのぎりぎり一歩手前に極上の世界が広がっているものだ。

焼酎なら断然、芋焼酎。それも万人受けしない、芋くさい芋焼酎が好きだ。スッキリして飲みやすい芋焼酎、つまり芋独自のにおいを消した芋焼酎もあるが、そんなものは芋焼酎ではない。芋くさいからこそ、芋焼酎なのだ。

ついでに日本酒についても言わせていただくと、もちろん料理に合わせて飲むのも好きだが、日本酒だけ飲むなら、ふなくち<槽口>に限る。ふなくちとは、日本酒製造工程でしぼられたばかりのお酒が桶、すなわち「槽口」から流れ出てきた、濾過も火入れもなされていない、正真正銘の生まれたてのお酒のこと。フレッシュな口当たりと味わいが、桶の中で米と水が混然一体となって絶妙なハーモニーを奏でる。飲み手に<そのままの姿>を感じさせてくれるお酒だ。

そんな話をバーテンさんにしていたところ、「それなら、これ飲んでみますか?」と、2杯目を勧められた。

それが「ボウモア」 という、シングルモルトとの出会いだった。

香りを嗅いでみると、濃すぎるほどの燻製の匂いが鼻腔を刺激する。ウイスキーの原料よりも、スモーキーな香りが際立っている。飲む人によっては薬のようだと言う人もいるだろう。

これはウイスキーの製造過程で使用する、ピート(泥炭)の香りだという。ピートが自然界で作られる過程も興味深く、生産地が限定されるほどだが、ウイスキーの製造工程で「麦芽を乾燥させる」時に使うのがこのピートだという。

なぜボウモアがそこまで強いピート香を放つのかは、ここでは長くなるので割愛するが、ボウモアがボウモアたる所以がそこに隠されている。

わたしの手元に来るまでに、様々な過程をへてここに辿り着いたのだろう。
同じウイスキーでも、独特の香りを放ちながら、「これがわたしだ!」と必死に自分の存在を訴えかけてくる。

大袈裟かもしれない。
けれど、ここまで述べてきた、それぞれの<独特さ>は、言い換えれば世界でたった一つの存在ということの裏返しだ。

人間も同じではなかろうか。他の人にはない独自の個性こそ、その人らしさだ。もちろん、和も大切だが、違う部分に誇りを持って、積極的に周りに見せて、いや<魅せて>いってもよいのではないか。

お酒の話からいささかそれてしまったが、お互いの個性を受け入れ、それを認め尊重し合う。社会でも、家族でも、それを活かすことができたら、生きている自己肯定感が増し、より活力ある、幸せに満ちた世の中になる。

「あなたは、あなたのままでいい。それだけで充分に素晴らしく、美しく、そして価値ある存在だよ」・・・そんなメッセージを最後に添え、本稿第1回とさせていただきたい。



コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

Yuri裕理 (ゆり)

元 日系航空会社の国際線CA。 酒屋の娘として生まれ育つ。 メイクアップ・アーティスト、 チャクラ・コーディネーター 他。

この記事を見た方はこちらも見ています

  • ■世界のシネマ散… ストーリー 「4ヶ月で戻るから・・」と身重の妻の制止を振り切ってヒマラヤ登山隊… MORE
  • ■世界のシネマ散… ストーリー 1990年台初頭、平和交流のためイスラエルに招かれたエジプト、アレキ… MORE
  • 【Steve’s Bar連… Interviewed by Steve Moriyama ―― 還暦を機にCEOを交代し、サバティカル(… MORE
  • 日本人のしつけ 2014年2月8日、14日、大雪が降りました。中央道の談合坂辺りにも大雪のため長い車の… MORE