NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

「御成門新報」発刊に思う ― 21世紀の「和魂洋才」

「和魂洋才」といえば、福沢諭吉というのが我々の常識だが、戦後の思想史上比較的早い時期に公刊され、今日でも和魂洋才に関する古典的名著とみなされている、平川祐弘『和魂洋才の系譜・上』(343頁に及ぶ大著)では、我が国における和魂洋才の思想史的考察の中心には森鴎外がおかれており、福沢諭吉への言及は僅か2,3ヶ所に止まる。ここでは、『学問のすすめ』の「何ぞ必ずしも和漢洋の書を読むのみを以テ学問というの理あらんや」の言葉を引いて、明治初年の「行動的知識人」としての側面が取り上げられ、また栗本鋤雲や渋沢栄一などと同時にナポレオン3世治下のパリの「文明開化」ぶりに「驚嘆」した「先覚者」としての言及にとどまっている。



ところがごく最近の文献で、明治18年(1885年)3月16日の「時事新報」に掲載されている「脱亜論」は無署名の社説のタイトルであり、「無署名なので福沢諭吉自身の筆によるものという証拠はない」との指摘がみられ、ちょっとびっくりさせられたが、「時事新報」の「論説主幹で創刊者は福沢諭吉だから、「脱亜論」のコンセプト自体は、福沢の思想に即していたとみて間違いない」ということで(西村幸祐「韓国化する支那 今こそ『21世紀の脱亜論』を」Will,2014,4月号)、ひと安心である。

 

西村氏によると、この「時事新報」社説の結論は「我れは心に於て亜細亜当方の悪友を謝絶するものなり」というもので、「悪友」とは当時の清と朝鮮のことであるという。



さて一世紀余を超えた平成の世の我が国にとっても、中・韓両国はこのところ急速に「悪友」と化し、こちらが「謝絶するものなり」という前に、向うから逸早く「謝絶されんとする」ことで風雲急を告げているのが現状である。

 

この「御成門新報」が、福沢の時事新報への思い入れを継ぐという志をもって発足するには、またとない試練の時であり、それだけに意義ある時に恵まれたといっても過言ではあるまい。



 筆者は、とり敢えずこの瓦版の鼓笛隊の足軽の一人として、主として内外メデイアを逍遥しながら、様々の方角から飛んでくる吹き矢を捕まえて検討・考察を任とするものだが、発刊の頃の天候は黄砂の舞う曇り空か、それとも澄み切った青空か、予断を許さないように思える。



今日の「脱亜」の前提条件としての日本v中国・韓国関係は100年前とは大きく変化しているからである。この変化の主要因は、「当方」たる我が国の「脱亜」=近代化が辿った過去100年の道筋についての「歴史認識」をめぐる熾烈極まりない亀裂の台頭と拡大である。筆者は特に、この亀裂が内v外の亀裂に加えて、さらにより深刻な亀裂が国内に存在することであり、加えてむしろ国内における言論のギャップが、内外の言論ギャップより大きいことに注目したい。つまり、国内における獅子身中の虫(a snake in one’s bosom)の存在である。



特に最近数ヶ月の間に、このギャップの急激な拡大は目を覆わんばかりといっても過言ではない。今週(2014年2月第3週)発刊の2,3の週間誌は、示し合せたかのように、嫌中・嫌韓、憎中、憎韓のオンパレードである。

これに対し、嫌日、憎日の某日刊紙(2月11日付)は「売れるから『嫌中憎韓』‐書店に専用棚 週刊誌、何度も扱う」との大見出しで、「『嫌中憎韓』が出版界のトレンドになりつつある。ベストセラーリストには韓国や中国を非難する作品が並び、週刊誌も両国を揶揄(やゆ)する見出しが目立つ。東京神保町の大手 三省堂書店。一階レジの最も目立つコーナーの刺激的な帯のついた新書が並ぶ」と報じ、ヘイト・スピーチとして糾弾するに至った。

 

さらに、安倍内閣によってNHK会長に任命された籾井勝人氏、経営委員に任命された百田尚樹氏、長谷川三千子氏の言論の自由に対する一部メディアの執拗なバッシングは、国内言論の極端な亀裂を象徴している。こちらもヘイト・スピーチの名に値しそうな勢いである。



 このような今日の我が国における言論界の亀裂を見ると、現時点における「脱亜」の方向探るべき、「新報」の使命は極めて重要である。


コメント

新規登録はこちら
  • コメントはまだありません
  • コメントはまだありません

著者紹介

花見 忠 (はなみ ただし)

松尾綜合法律事務所客員弁護士。東京大学法学部法学博士、ケルン大学法学部、コーネル大学法学部、 カリフォルニア大学バークレー校留学。上智大学法学部教授、ルーバン•カソリック大学法学部客員教授、ハーバード大学ロースクール客員教授など歴任。政府関係の役職としては中労委会長、内閣官房参与等

その他の記事

この記事を見た方はこちらも見ています

  • 日本人のしつけ 2014年2月8日、14日、大雪が降りました。中央道の談合坂辺りにも大雪のため長い車の… MORE
  • 【Steve’s Bar】… 【店主より】Steve’s Barの常連による「厳選ワイン」のご紹介です。毎回違う選者が、… MORE
  • 思秋期の詩(うた) 最近、四十代半ばから五十代初めにかけて、それまで運動とは無縁だったのに、突如と… MORE
  • 豊橋に日本一の… 2019年に豊橋に市立図書館を建設する予定です。豊橋市には既に市立中央図書館が存在… MORE