NEWS:

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

http://onarimon.org/article/892

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/861

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/852

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/843

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/838

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/833

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/828

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/821

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/811

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/796

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/804

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/787

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/781

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/776

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/770

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/763

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/756

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/513

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/503

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/451

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/430

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/419

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/408

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=380 

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/wordpress/?p=373

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/400

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/385

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/370

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/327

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/321

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/316

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/349

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/308

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/333

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/301

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/279

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/267

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/257

新たな記事が追加されました。

新たな記事が追加されました。

http://onarimon.org/article/234/

新たな記事が追加されました

新たな記事が追加されました

御成門新報公式サイトオープン

御成門新報公式サイトオープン

近代から現代に至るまで、人類社会の発展を支えてきたのは科学技術の発展でしたが、その基礎は 17世紀にデカルト•ニュートンによって確立された近代合理主義に立脚した近代科学の上に基づいています。それは「機械的世界観」と「要素還元主義」を柱とする思考の枠組み(以下パラダイム)で成立している学問です。機械的世界観とは「世界がいかに複雑に見えようとも結局は一つの巨大な機械である」という捉え方を指します。要素還元主義とは「人間が何かを認識する時にその対象を単純な部分の要素に分類•分割し、その分類した要素を詳しく調べ、問題があればその部分を修復し再び元の形に戻せば良い」という捉え方です。この2つのパラダイムは世界が農業化から工業化へ変化していく中で「無ければ造るしつくれば売れる」という状況の中、恐るべき切れ味をみせました。

 ところが、この 2つのパラダイムは今、息切れを起こしています。それは機械的世界観においては「全体を部分に分割する都度、全体に内に含まれる大事な何かが失われていく」、要素還元主義においては「重要でないと考えられる要素は捨て去っていく事にならざるを得ず、何が重要で何が重要でないかの判断は当事者が所有する思考の枠組みによって独断的に決められてしまう」という各々の限界点が見え始めているからなのです。つまりこれらは 2項対立の思考、分離分割の思考とも言え、主観と客観や全体と部分をそれぞれ対照的に分析的に捉えてその反対の一方を捨て去るという思考形式では現代事象が捉えられなくなってきた事を指すのです。

 しかし、よく考えてみるとみるとこれらのパラダイムは近代に発生したものです。そしてその近代のパラダイムという眼鏡をかけて現代を理解する事自体に無理があるのではと私たちは考えました。

 そこで私たちは かつての偉大な先人達のように、メディア運営を通して現代にふさわしいパラダイムを「独立不覊、不偏不党、官民調和」に基き、知足利他の視座で読者の皆様と創成していきたいと考えるに至ったのです。
御成門新報は読者と共に現代そして未来へのパラダイムを紡いでいくオープンエンドのインターネットメディアを目指し歩んで参りたいと考えています。

ABOUT US

「事実」は多様な顔を持ちます。

同じ事象でもある人によっては心地よく、ある人にとっては苦痛を伴うものです。
従来マスメディアの仕事は、より多くの人にとっての心地よい物、そして苦痛な物を彼ら独自の視点で選び編集し、電波や紙の媒体に乗せて「事実」として送り出す事でありました。
ところが、その視点を眺めていると意図的かどうかはわからぬが、時々間違わない範囲内であるいは全くの間違いを認識した上で、ずれている場合があります。
一部のみなさんもお気付きかもしれません。
ただそれは「受け手」が最大多数でそれを望み、流通方法(テレビ•ラジオ•新聞•雑誌等々)が一方的であった時代は致し方ないと解釈できます。

今、インターネット(以下ネット)が出現し、彼らの「事実」が揺らいでいます。ネット社会の進展とは、各人の興味によって無数の階層が生まれ、その階層内であるいは階層を飛び越えて各人の端末により情報の発着・共有が可能という事と定義できます。
そして各人の情報発信の積み重ね(HP、ブログ、SNS等)を誰もが眺め、共有する事が検索技術の発達も相まって素早く出来るようになってくると、誰もが深い情報量=知識を持てるようになってきます。
すると今までのマスメディアの仕組みでは情報量やスピードではまるで太刀打ちできずマーケットには不満がたまりはじめている状態になってきます。

そこで我々は「事実」を「知識から知恵への変化プロセス」と定義し、そのプロセス自体をマーケットに委ねそれを編集するメディアを作りあげる事にしました。

当然そこに転がっている「事実」は心地よくそして苦痛を産むものとなるかもしれません。けれども結実している「事実」が誰のものからみても論理的で論ぜられている材料が確実なものである限り、それはそれで一つの真実に成りうると我々は信じます。

そしてその編集方針は未来の人々に対して提出する回答集のようなものを目指してまいりたいと考えます。

人類の歴史を洞察するとそれは「真実に向かって歩んできた歴史」という事ができます。時には一歩一歩確実に、時には二歩前進して一歩後退といった風に道草をくう事があっても、その螺旋階段を踏み外した事はありませんでした。我々も先人達と同じように、真実に向かって歩み続けて行きたいと思います。
そしてその「歩みの法則」は、現在構築されている文明によって証明されている事を私たちはまた確信しているのです。

代表メッセージ

木内 孝

1935年ドイツ・ハンブルグ生まれ、英国ロンドン育ち。森村学園、慶應義塾で学んだ後、三菱電機に入社。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学大学院にて修士。三菱電機アメリカ支社で責任者6年、代表取締役社長兼会長を10年務める。本社取締役、常務を歴任中に次世代に住み良い社会を遺す事に配慮をする企業・団体のネットワーク組織、NPOフューチャー500を米国で設立。2000年に株式会社イースクエアを設立、代表取締役会長。
2014年一般財団法人 御成門新報設立。

私たちを駆り立てるのは“人間愛”です。人間愛が私たちの思考の中核を成す為には、
一、 正直であれ!
二、 原体験が出発点、
三、 五感を磨き続けよう。
この三つの前提が大切と考えていました。正にその時、今年2月12日に「国境なき記者団」が世界各国の「報道の自由度」の最新結果を発表しました。一昔前は上位の常連だった日本は、様変わりです。報道の自由度ランキングに於いては世界で59位、即ち我々が普段お付き合いしている国、話題にしている国は、全て我々の上位に位しているのが現状になりました。
日本発の報道”“日本の指導者の発言”への注目度は、逆に上がったと私は理解してます。新しい御成門新報の出番の到来であり、私たち一人一人の責任が問われると考えて居ります。
何故“人間愛”が大切か。私の原体験の一つは、海外で70~80人の意見交換の場を設け、討論を進めて居りました時、熱気が溢れ会場がざわめき、収拾に手間取ったことがありました。
その時、運よく会場に居られた牧師さんが立ち上がり、白板に大きく一字「愛」と書きました。
会場のざわめきが収まるのに一分と掛りませんでした。普段私たちが忘れている“人間愛”の力です。
御成門新報の前途は決してバラ色ではありません。大きな理由は二つあります。
(1)社会の動きを捉えるのに、従来の“人・もの・金”の順で考える方法を逆転させ、経済活動を最優先する“金・もの・人”の誤った問題意識に慣らされたことが最初に挙げられます。経済は飽く迄“従”です。主役は“人間愛”であることを全国民に理解して貰うことに手間取ることはないでしょうが、現状を俯瞰して見ると、その様な動きが始まる予兆は見えません。
(2)私たちに決定的に不足しているのは、世界に通用する常識です。言葉・行儀・作法・男女同権の面での世界水準からの遅れの是正は遅々として進まず、国を代表する人達の言動から私たちが姿勢を正したくなる機会が決して多くないのが現状です。特に気になりますのが無関心な方々が多いことです。優れた民族として考えた場合の我々日本人、その我々が居住する美しい自然、長い年月をキチンと刻んでいる歴史、世界中で喜ばれている食べもの、極めて精巧、精密、複雑な技術で裏打ちしながら創意、工夫を重ねているモノづくり、これだけ条件が揃っていて、何故多くの方々にご納得頂ける将来展望を示すことが出来ないのか。ご要求、ご批判を是非お寄せ下さい。自分中心の要求にばかり耳を傾けている結果、今日の問題の多い社会が誕生したと考えます。自分中心の声より大切な声があることに気付き、人間愛に貫かれた「足るを知る心」 と利己主義を排し「利他主義」を大切にする心を御成門新報の魂と考え、国づくり、地域づくりに邁進したいと考えます。
2014年4月
一般財団法人 御成門新報
代表理事  木内 孝

組織概要

組織名
一般財団法人 御成門新報 ONARIMONPOST
所在地
〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目23-12 第二山内ビル 3F
電話番号
050-3552-4321
メールアドレス
info@onarimon.org
代表者
木内 孝

コンテンツメニュー